2017年08月08日

実験

お花を如何にして長持ちさせるか??
綺麗なお花を買ってきても、、直ぐに枯れてしまう。。
茎を切るのを失敗して水揚げが出来なかったのか??
冷房が悪いのか??色々と考えてしまいます。

そんな時に偶然テレビで『お花を長持ちさせる方法』をやっていました。
信じられない物を水の中に入れるのですが、、『え〜〜〜っ!』と思う物だったので
試しにやってみました。

0D92BB70-E78B-41BB-B3D1-7712397A2A90.jpg F54689D1-7297-4EDC-84FD-0ECE0E0DB7D1.jpg


同じ時期に買ったお花です。
左側の水にはある物を入れています。右側には全く入れず普通の水道水のみ。

購入して6日目。入れない方のお花は残念ながら枯れ始めましたが入れた方はまだまだ元気に
咲いています。

これで、ある物を入れた方が長持ちする事が分かりました。

それは、、漂白剤。。
ほんの一滴です。

生物には害があると思っていました。
ところが漂白剤を入れる事により花瓶の水が綺麗になり、、お花もその漂白された水の方が
良いと言う事です。
こまめに水を入れ替える事は長持ちをさせる基本なんでしょうが。。。効果があるのは漂白剤。。
ちなみに水は2日に一度のペースでどちらも替えました。
で、その都度漂白剤を1滴いれた結果です。

信じられない事が、、ちょっとは信じれる話になりました。
明日にでも新しいお花を買ってもう一度実験して同じような結果が出るのなら今後は漂白剤を
入れようと思います。

まだ確信ではありませんが、、長持ち出来る可能性が充分見えてきました。

興味がお有りの方は、、是非、実験されて見てください。
尚、この実験での失敗、責任は持ちかねますので自己責任内で行ってください。














posted by もちや at 07:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする