2018年09月03日

2018 夏旅 オーストラリアとシンガポール 【さくらラウンジ】

今年の夏旅はシンガポール航空を利用してシンガポール経由のオーストラリア。。
経由は少々面倒だが直行便で飛ぶよりも格安で行けるメリットがある。
7名のお客さんと、、私のなんちゃってガイド兼ドライバーで2年連続となった
冬のオーストラリアを楽しみたいと思います。
最後にシンガポールに立ち寄るおまけも付いた12日間の珍道中です。

搭乗手続き、出国検査も終え、搭乗時刻までは少し時間がある。。

私の場合、航空会社選びはスターアライアンス加盟の中からいつも選んでいる。
全日空を始め今回で言うとシンガポール航空。。
他にはエア・カナダ、ユナイテッド航空、アシアナ航空等がその加盟の中に入る。

主は全日空だが加盟内であればマイルが貯まり色々な特典に交換できるメリットも
あるがスタアラしかその効力はない。
スタアラのゴールドになると出発前に航空会社のラウンジが使える特典は一番の魅力だ。

本来ならシンガポール航空は全日空のラウンジだが日本航空側のターミナルからの
出発だったので今回は初のさくらラウンジを体験したいと思います。

4D14FF4C-A3CB-4F87-B588-6E5D0617055B.jpg B4572393-F963-4B73-94FE-4F7A66E1EEC8.jpg

いや〜お料理の数には驚きました。

9AC2EFE5-AB40-47B1-A0BA-FF0ED831FF8D.jpg 9CD85ADE-5460-446B-8577-3A16FF4C3795.jpg

ソフトドリンク、アルコール(日本酒、焼酎、ビール、ワイン)は勿論の事
サンドイッチにクロワッサン、トースト。
カレーに11種類??のおかず、、串カツまで。。それに和・洋のスナック類も充実。。
品が無くなれば次から次に新しい品が、これでもか!と出てきます。

E25E0AAC-35C0-4F94-B63D-2BB037DAAA82.jpg

なかなか日本航空やりますね。。
いつもは全日空のラウンジで満足していましたが、恐るべしって感じ。
関空がこのレベルなら成田・羽田はもっと凄いのか!とかなりインパクトを
貰ったさくらラウンジでした。

お腹も満たされ、、ボチボチと搭乗しますか!!


注)シンガポール航空の深夜便・エコノミークラスは機内食の晩ご飯が付きません。
搭乗の前に軽く召し上がる事をお薦めいたします。



☆☆ 今回の関連ページ・予約先 ☆☆

スターアライアンス
https://www.staralliance.com/ja/member-airlines


補足

スターアライアンスのゴールドメンバーになるには。。

先ずはスターアライアンスに属している航空会社のマイレージカードを
作る事から始まります。
日本人の場合、全日空が一番手っ取り早いと思います。
勿論、米国のユナイテッド航空でも良いし韓国のアシアナ航空でも良いです。
自分が一番利用しやすい航空会社を選べばよいと思います。
次に、、飛行機を予約する際はなるべくスターアライアンスに絞って予約。
乗って乗って乗りまくりマイルを貯めていきます。
全日空の場合、1年間(1月〜12月)に50,000マイル搭乗すれば
ゴールドです。成田⇒サンスランシスコ 片道で5130マイル(100%積算の場合)
しかし予約クラスによっては70%とか50%しかマイルが貯まりません。
旅行会社のパッケージ旅行等の利用はこの%が低いと思います。
100%のマイル積算で成田⇔サンスランシスコを1年に5往復すれば見事ゴールド!
最後に、、ゴールドになった暁に、全日空の指定するクレジットカードに加入して
年会費を払えば、次年度からは飛行機に乗らなくても永久的にゴールドメンバーです。
家族カードもあるので、家族もゴールド扱いになるんですね。
因みに日本航空はワンワールドというメンバーに属しています。
ワンワールドの事はよくわかりませんが、飛行機の優遇特典を得るにはとりあえず
飛行機に乗る事です。
注)お買い物等でマイル積算をされている場合であっても50,000マイルにはカウント
されません。あくまでも搭乗したマイルのみの積算です。


























posted by もちや at 07:00| 大阪 ☀| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする