2018年09月05日

2018 夏旅 オーストラリアとシンガポール 【シンガポール・チャンギ空港】

今年の夏旅はシンガポール航空を利用してシンガポール経由のオーストラリア。。
経由は少々面倒だが直行便で飛ぶよりも格安で行けるメリットがある。
7名のお客さんと、、私のなんちゃってガイド兼ドライバーで2年連続となった
冬のオーストラリアを楽しみたいと思います。
最後にシンガポールに立ち寄るおまけも付いた12日間の珍道中です。

関空を飛び立ち直行便なら約7時間少しでシンガポールに到着する。
我々はオーストラリアへ行く為の乗継地点。
オーストラリア(メルボルン)行きまでは約4時間の乗継時間があるので
ちょっと興味深いシンガポール・チャンギ空港内を探索したいと思います。

2016、17年と2年連続でワールドエアポートアワードの1位となった
アジアのハブ空港、、チャンギ空港は果たしてどんな空港か??

ターミナルは4つ。。各ターミナルをスカイトレイン(電車)かバスで
移動する事となる。徒歩でも移動できるが非常大きい。。
今回はスカイトレイン(電車)での移動を選択。

84C65549-8AE7-4E86-82DB-28A6993E0378.jpg 44AD3D72-CDD1-4341-AB62-560134AB5A7D.jpg

先ずはカラフルに飾られたお花が多い事。。
どのターミナルにも立派で華やかな緑豊かな庭園がお出迎え。
疲れた身体には目からの癒しもホッとさせる。

我々の到着が早朝とあって人は少ないが朝の5時から深夜遅くまでターミナル間の
スカイトレインは動く。動いていない時間帯はシャトルバスが24時間で使える。

1C1905B0-EC7C-4746-84CA-42852F17B697.jpg 736EEB61-DC88-4BA6-9567-22C6487B5CA2.jpg

驚く事になんとこの空港には無料の映画館、バタフライ(蝶)ガーデン、プールもある。

402A49BE-9217-46C3-A194-2955EEF357A8.jpg 92D82B82-1B27-4FDB-98D1-1500F53F63AD.jpg

映画は自由に出入り可能、、内容は英語のみ。。
そしてバタフライガーデン、、蝶の数は1000匹以上らしい。
私は蝶にはあまり興味が無いので扉の前でご遠慮させて頂きました。
プールまでは行けなかったが、、こんな物が空港に。。と思わせる発想が1位になるのかな?

そしてお決まりのラウンジから免税店は幅広いジャンルで品が揃う。
写真には撮れなかったが無料の足マッサージの機械も各所にあった。
長旅で疲れた身体をマッサージしてくれるなんて、、気の利いたサービスですね。

07940A1E-53FC-4F83-97DD-3C50CB57CDDE.jpg

シンガポール名物のマーライオン君、、シンガポールにはマリーナ地区の
あのマーライオンを含み全部で7頭もいるらしいよ。
この空港のマーライオン君は数には含まれないが、、どうも写真を撮りたくなる
私の初マーライオン君でした。。

空港内を行き来する人の多くがある手提げ袋を持っている。
中には手提げ袋を両手に抱え、、こんなに買ってどうするの??という人もいる。
それが。。コレ。。

D8BED2E6-5F71-44C0-B377-4B0C1500BC6F.jpg 6CBE8BF5-1405-421C-8652-F7CAAD45E2CC.jpg 

ポテトチップスのようだが朝の8時で、、もう完売。。
美味しいのかな??でも大袋で$14.01はなかなか良いお値段ですぞ。。

空港内は緑が多くお花畑の印象を受けるシンガポール・チャンギ空港。
色々な奇想天外の施設があり我々のように長時間の乗継客には便利で愉快な
サービスも多い。また休憩するスペースも多く一息付ける空港に思える。
ただ一つ、、搭乗する各ゲートの手前に手荷物検査があり空港内の乗継ぎ
出国後であっても購入したペットボトルは絶対に機内に持ち込めない。
その為に搭乗前には各ゲートが異常に混み合う不思議な現象が起きる。






☆☆ 関連ページ、予約先 ☆☆

シンガポール空港
http://www.changiairport.com/

乗継時間のある人向けに空港内を案内してくるツアーもあるそうです。

IRVINS(ポテトチップス)
https://irvinsaltedegg.com/

シンガポールを代表するポテトチップスのようです。






















posted by もちや at 07:00| 大阪 ☀| Comment(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする