2018年09月16日

2018 夏旅 オーストラリアとシンガポール 【ATM】

今年の夏旅はシンガポール航空を利用してシンガポール経由のオーストラリア。。
経由は少々面倒だが直行便で飛ぶよりも格安で行けるメリットがある。
7名のお客さんと、、私のなんちゃってガイド兼ドライバーで2年連続となった
冬のオーストラリアを楽しみたいと思います。
最後にシンガポールに立ち寄るおまけも付いた12日間の珍道中です。

海外に出ると外貨(為替)の問題がいつも頭を悩ませる。
どこで現地ドルへ両替するか?少しでも安い所で両替をしたいと思うのは私だけ?
米ドルだと日本のディスカウントショップ、カナダドルだとナイアガラへ行くのなら
カジノか現地の銀行、、でもオーストラリアドルの得策がまだ見つかってない。
オーストラリアにもカジノがあるのだがあまり良いレートではなさそうだ。

そこで今回は初の試み、、ATMを利用してキャッシングという方法で現地ドルを
入手したいと思います。

ATMの機械はどこにでも設置してある。
空港、大きなホテル、駅、ショッピングセンターと人が多く集まる場所を探せば容易に見つかる。

DCEECBE6-A08F-47D5-A9A3-ABAF05CFD517.jpg

今回はメルボルンで1回、パースで1回、シンガポールで1回と計3回のキャッシング。

その結果は???

・ATMの機械操作は基本英語。(1台だけ日本語選択もあった。)
・ATMによって手数料は様々。
・現金と一緒に出てくるレシートは日本円表示もあったりドル表示だけの時も。

このATMが良いというのは外見からは分かりません。
日本語が選択できてもレシートはドル表示と日本語だから日本円表示となるのは無関係。
街の両替所を探すよりもATMの機械を探す方が早い。

3回ATMを利用して全て$100.00の場合として表示します。

メルボルン $100.00 ⇒ 手数料 $4.50 = $104.50のキャッシング。
パース $100.00 ⇒ 手数料 269円 = 8523円のキャッシング。
シンガポール $100.00 ⇒ 手数料$0.00 = $100.00のキャッシング。

キャッシングはカード会社からお金を借りる事となるので年率約18%の利息が掛かります。
なので帰国後は直ぐにカード会社へ電話して振込み、返済しての結果です。

さて、その結果(為替)は??

メルボルン AUS$=82.20円
パース AUS$=86.55円  (オーストラリアの平均値は84.375円)
シンガポール SIN$=82.42円

ATM手数料とカードの利息も含んだ合計金額です。

日本出発日に関空で両国の為替を見た限りでは

AUS$=88.69円
SIN$=84.09円

だったので空港で両替するよりかは安いという事になる。
また市内の両替所が空港よりも1〜2円安いとしてもATMを使った方がお得という結果
だがパースは空港のATMを使ったから高かったのかな??。86.55円は高いよね。。

因みに現地でクレジットカードにて清算した支払い分の為替は
AUS=81.877〜83.637円
SIN=82.407〜83.121円

まとめ

今回は3回のキャッシングだったのでこれだけの結果ではATMが良いのか??は
まだ分からないのが、、カード決算の方がATMよりもお得であると言える。
しかし屋台や個人店、少額の買い物では多少の現金も必要となる為に10000円
ぐらいのATMキャッシングならそんなに損はしないであろう。。
空港や現地の両替所よりもお得なレートで安易な方法で現地ドルを入手できるような
気がする。

初めてATM、、良い経験で勉強になりました。。


補足
オーストラリア内にてクレジットカード精算すると店舗に寄って支払額に対して
1.0%〜2.0%の手数料が自動的に課せられます。これはレストラン、レンタカー
ショップと%に異なりはあるが大抵課せられると考えた方が無難です。
予め出発前に日本精算をした場合(ホテル、入場観光等々のWEBでの事前清算)は
課せられません。
そのお店が何%のカード手数料かは支払いをされる際に直接ご確認ください。










































posted by もちや at 07:00| 大阪 ☁| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする