2018年09月18日

2018年 オーストラリアとシンガポール 【自炊】

今年の夏旅はシンガポール航空を利用してシンガポール経由のオーストラリア。。
経由は少々面倒だが直行便で飛ぶよりも格安で行けるメリットがある。
7名のお客さんと、、私のなんちゃってガイド兼ドライバーで2年連続となった
冬のオーストラリアを楽しみたいと思います。
最後にシンガポールに立ち寄るおまけも付いた12日間の珍道中です。

旅の楽しみの一つでもある食事、、美味しい地元のレストランに出掛けたり
名物料理を食べたりと、、太るような食生活がどうしても続きますね。
最後にデザートなんか注文したりして・・・・

メルボルンには庶民の台所と言われている大きな市場が市内に2つある。

・ サウスメルボルンマーケット
・ クイーンビクトリアマーケット

4B917606-3FEB-4A17-95EA-6F13ACECAB17.jpg 0F31141A-3419-46DC-9D0D-DB8D7516E229.jpg

ホテルはサウスメルボルンマーケットから徒歩圏内のコンド(キッチン付)を予約。
買った食材を直ぐにホテルに持ち帰り冷蔵庫で保管できるようにしている。

今晩はサウスメルボルンマーケットでステーキや新鮮な地元の魚貝や野菜類を買って
部屋のキッチンで調理をしたいと思います。

D849CD37-686C-492F-979A-599EAB081B58.jpg 8EA499F1-B755-40C8-91AF-6956ACB24B92.jpg

野菜、果物は基本計り売りです。中には個数でいくらと書かれた品もあります。
オーストラリアのアボカドって日本で食すよりもクリーミーで何故か美味しいのよね。。

さて、今回の献立は

・ 新鮮生牡蠣(ポン酢ジュレ添)
・ 茹で海老(タルタルチリソース)
・ サーモンステーキ
・ ステーキ(ポータハウス)
・ 鯛のアクアパッツア
・ エビアボカド・茹で芽キャベツ入のサラダ
・ アクアパッツアの残り汁で〆のパスタ
・ パン

 
531F893D-8A95-4DE8-BD0D-21038F13632D.jpg 2483DBA1-5D48-4D18-898E-44A89C6564C9.jpg
【写真の量でだいたい2〜3人前】

一部屋にあるお皿やフライパンには限りがあるので他の部屋から道具も持ち合わせての調理です。
(フロントで言っても追加のお皿やフライパン等の道具は無料で借りれます)

我々が作ると当然ですが日本風な出来となりますね。
毎日ステーキやパスタ等の洋物が続くのでホッとする馴染みの味に大満足な夕食です。

C56C5138-F80A-4070-8642-BEF6F6472314.jpg

平麺で作ったパスタ、、魚介の出汁が染み出てパンと良く合う最高の一品になりました。

時間を気にせず、、食べ過ぎ飲み過ぎても隣の部屋にベッドがあると思うと気が緩みます。

美味しい食事を、、ワイワイ言いながら作り皆で食べる。。
とっても幸せな時間でした。






☆☆ 今回の関連ページ・予約先 ☆☆

クイーンビクトリアマーケット
https://qvm.com.au/

曜日によって営業時間が異なりますので上記HPにてご確認ください。
またナイトマーケットも開催しています。
有料、無料の駐車場があります。

サウスメルボルンマーケット
https://southmelbournemarket.com.au/

曜日によって営業時間が異なります。
無料駐車場があります。

規模はクイーンビクトリアの方がはるかに大きいです。
店舗数もレストランも、、面積も。。
売っている物はどちらも同じ、、精肉店、海鮮店、ソーセージ等の加工品から
ちょっとしたお土産店、カフェ等々、、若干クイーンの方が品揃えが多いかも。
お値段も品によってまちまち、、サウスメルボルンの方が安い品があったり
クイーンの方が安かったり。。
雰囲気は全然異なりますので、お好きな方でお土産の買い物や食べ歩きをされる方が
良いと思います。

私はコンパクトにまとまっているサウスメルボルン派ですがクイーンじゃないと
食べられないムール貝のチリマッスルがあったりとしますので両方行かれ目的に
合わせてお使い下さい。

どちらもフリンダーズ駅から徒歩で20〜30分の距離です。

















posted by もちや at 07:00| 大阪 ☔| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする