2018年09月19日

2018 夏旅 オーストラリアとシンガポール 【ムール貝】

今年の夏旅はシンガポール航空を利用してシンガポール経由のオーストラリア。。
経由は少々面倒だが直行便で飛ぶよりも格安で行けるメリットがある。
7名のお客さんと、、私のなんちゃってガイド兼ドライバーで2年連続となった
冬のオーストラリアを楽しみたいと思います。
最後にシンガポールに立ち寄るおまけも付いた12日間の珍道中です。

メルボルンには庶民の台所と言われる大きな市場が2つある。
その内の一つ、クイーンビクトリアマーケット内にあるムール貝のお店を
ご紹介します。

0F31141A-3419-46DC-9D0D-DB8D7516E229.jpg 88EC0997-445D-4FE5-99F6-6B6E85E865FE.jpg

ビル群が建ち並ぶメルボルンの中心地にその市場はある。
サウスメルボルンマーケットよりも規模ははるかに大きく、精肉店、魚貝、野菜、果物
ちょっとしたお土産店からフードコートが軒を連ねる。

今回のお店はムール貝の専門店。

A3C2A12D-25CB-4E0F-93DA-8CBDBABD51FB.jpg CCCC7434-7D04-4A26-A827-3169BC211739.jpg

鼠色した小型のトレーラー、、屋根にムール貝の大きな貝が羽のように付いているのが目印。
マーケット内をぐるりと一周したら絶対に見つかります。

日本ではムール貝って馴染みがないですよね。
売っている所をあまり見た事がない。でも、この貝、、めちゃくちゃ美味しいのです。
海外で自炊をするときは必ず欲しいと思う食材の一つ。

8729B7E1-75EB-45C7-84E5-1C57C7BFECB9.jpg 534F3AEB-9DF6-4315-B5EA-58A5337B98A4.jpg

今回は『ココナッツ チリ トマトクリーム』を注文しました。

ムール貝にココナッツって合うのかな??と思ったがあっさりしているムール貝には
南国風のペイストも食欲をそそる味となる。またちょっとピリ辛のチリもその味に
拍車をかける。余ったお汁はパンに浸して食するがパスタの麺やお米を入れてリゾットに
しても美味しいだろうな。。部屋に持ち帰りたいほどのスープである。

次回は赤ワインのトマトチリを頂こう!!
魚貝に赤ワインというのも非常に気になるメニューだ!!




☆☆ 今回の関連ページ・予約先 ☆☆

クイーンビクトリアマーケット
https://qvm.com.au/

曜日によって営業時間が異なります。

F86FFC0D-D538-4EA2-B92E-847E512552F7.jpg

フリンダーズ駅前から徒歩で歩くと約25分。
無料で乗車できるチン電(トラム)がぐるりと1週走っているので
そのチン電に乗る方が近道であり楽である。

















posted by もちや at 07:00| 大阪 ☁| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする