2018年09月23日

2018年 夏旅 オーストラリアとシンガポール 【カンタス航空】

今年の夏旅はシンガポール航空を利用してシンガポール経由のオーストラリア。。
経由は少々面倒だが直行便で飛ぶよりも格安で行けるメリットがある。
7名のお客さんと、、私のなんちゃってガイド兼ドライバーで2年連続となった
冬のオーストラリアを楽しみたいと思います。
最後にシンガポールに立ち寄るおまけも付いた12日間の珍道中です。

3泊のメルボルン滞在も無事に終え、、我々はオーストラリアの西に位置するパースへ
移動します。

MEL APO.jpg

やっぱりメルボルンは心地が良い街である。我々を裏切らなかった。。
また、昨年出来なかった事も全て今回で成し遂げ、リベンジメルボルンは大成功。
でも、行きたかったレストランにはお腹がいっぱいで残念ながら行けず、、また次回への
新たな持ち越し課題も出来たので、、メルボルンにはまた来るでしょう!!

さて、メルボルンからパースまでは空路で約4時間。
日本からの行の国際線はシンガポール航空で関空⇒シンガポール⇒メルボルン。
帰路はパース⇒シンガポール⇒関空と、、シンガポール航空でまとめて航空券が買えるが
このメルボルン⇒パースはシンガポール航空が運航していないので本体とは別で予約
発券しないといけない。
それでもって、、なんとこの区間はスターアライアンスが一便も運航していない路線。
なので仕方なくカンタス航空を日本から予約していた次第。

CD81C9DB-8066-46D0-8AEF-16F063E34DA4.jpg

因みにカンタス航空は日本航空と同じ加盟のワンワールドグループ。
私はマイルの関係上、スターアライアンスしか乗らないので、、当然カンタス系の
マイレージカードは何もない。マイルの付けようもないし、、たぶん今後も乗らないで
あろうと思いカードも申し込まなかった一番下手で損な乗り方。

フライトはメルボルン発20時、、パースへの到着は23時過ぎになるのでメルボルンで軽食を
食べ、、寝ようと思ったフライトだったのだが。。

4B3A7752-ED28-434C-B943-11B7E44C6D64.jpg

座席前のポケットにはタブレットが個々で配置され、、日本語字幕や日本語吹き替えの最新映画が
あるじゃないですか!!
それに、、なんと、、なんと、、機内食まで。。

7A02FFA5-5D23-4039-909B-197A37FC89F1.jpg 9D4495D1-A269-4919-970C-D95BB009A0FF.jpg

マッシュポテト+ビーフ または チキン+ベジタブルの選択。

北米の国内線では無料の機内食は一切ない、、有料で食べるか?食べないかの選択だが
このカンタス航空の国内線は優秀ですね。。

4B23221A-7C12-4692-B10F-1411B4CBC40B.jpg

で、デザートまで出てくるのですよ。。凄いぞ!!カンタス航空!!
こんなサービスなら日本からの国際線も乗ってみたい。。と思うのだが、、残念ながらワンワールド。。

D788FCBA-EA72-40D6-942E-FBA75A8A4901.jpg

【タブレットは全席のヘッドレスト部分にはめ込む事も、、テーブルの上に置く事も可能】

カンタス航空さん、、スターアライアンスに歓迎しますよ。。
是非スタアラへいらしてください。。

初めて乗って分かった、、ちょっとびっくりなカンタス航空の魅力でした。




☆☆ 今回の関連ぺージ・予約先 ☆☆

カンタス航空
https://www.qantas.com/jp/ja.html

オーストラリアを周遊するのなら絶対にカンタス航空がお薦め、、便利です。
関空からも就航しており日本からダイレクトでオーストラリアへ行く方が
早くて便利。また、国内線も当然の事ながら網羅しているので何処に飛ぶにも
多数の便が見つかるでしょう。

カンタス航空、日本航空等が出資して誕生したジェットスター(LCC)は
オーストラリアにも拠点をもちます。カンタス航空や日本航空よりも料金を抑えて
いるので移動にお金を掛けたくないならジェットスターも魅力。
オーストラリア国内はほぼほぼ網羅しているのでオーストラリアの周遊も組めます。































posted by もちや at 07:00| 大阪 ☁| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする