2018年09月29日

2018年 夏旅 オーストラリアとシンガポール 【WAVE ROCK】

今年の夏旅はシンガポール航空を利用してシンガポール経由のオーストラリア。。
経由は少々面倒だが直行便で飛ぶよりも格安で行けるメリットがある。
7名のお客さんと、、私のなんちゃってガイド兼ドライバーで2年連続となった
冬のオーストラリアを楽しみたいと思います。
最後にシンガポールに立ち寄るおまけも付いた12日間の珍道中です。

今回のオーストラリアはメルボルン3連泊、パース3連泊と非常にゆったりとした日程。
移動が多いとスーツケースの明け閉めだけで疲れてしまうが3連泊ともなれば行動にも
余裕が生まれる。

そんなパースでの1日はちょっと足を延ばして高さ14mの波打つ姿が岩となっている
WAVE ROCKへ行きたいと思います。

実はここ、、パースから東へ(内陸へ)約350km行った所にある。
なのでかなり遠い。

23AFFE72-EC71-4E4D-A6BE-D64E33AC0854.jpg

しかもハイウェイは市内部分だけで片側1車線・対面通行の地道をひたすら走る事となる。

そんな過酷でひたすら遠い時間をかけ、、辿り着いた人だけが見れる奇岩
それが WAVE ROCK.

172C02D4-FF67-41EB-944D-868DB4E8FBFA.jpg 099A8017-0A44-4D1A-8CE8-33FBCD798326.jpg

今日もお天気に恵まれて良かった。。雨だったら中止、、何かに振替でしょうね。

90557D63-E7C9-44EF-9680-1E79B418CFDA.jpg 33F7BCFA-9D96-44A0-BF89-C5995CD40AA5.jpg

いや〜これは凄い!圧巻の迫力。。
波の化石、芸術とも思える自然美、、どうしてこの形になったの??と不思議に思う。

9182F889-26F1-4C0B-A769-C6800B507E03.jpg D692CD01-CA2D-4EE0-9334-DECD712D63E1.jpg

20億年というとんでもない歳月をかけて作られた奇跡とも言える岩のアート。
雨風の浸食作用で出来たのだが、、謎がいっぱいのミステリアス。

この岩は一枚岩になっており正面からは登れないが、脇のトレイルへ階段を
利用してこの波の上へ登る事が出来ます。

DAEA27F7-1FDC-47E8-B9AF-5F712EEC189E.jpg E9871CBB-4DD0-4E10-A033-1D02135A1D6F.jpg

写真右上のちょうど下部分が波の所にあたる。
波の幅は110mと意外に規模が大きい。

Wave Rock.jpg

パースへの帰り道、道路脇には綺麗な菜の花畑が一面広がっていた。

6038E3F5-A371-4373-B1D1-2F23119E6BC3.jpg




☆☆ 今回の関連ページ・予約先 ☆☆

Wave Rock
http://waverock.com.au/

オーストラリア政府観光局(Wave Rock)
https://www.australia.com/ja-jp/articles/australian-holiday-stories/wa-wave-rock-story.html

とにかく遠いの一言です。
パースからの往復で約700kmありますから。。。
それに加えて、正直観光するポイントがこのWave Rockしかありません。
他のツアーでは『かばのあくび岩』、アボリジニの洞窟、途中のヨークと言う街に立ち寄ったり
して昼食を付で終日観光としていますが、、Waveだけでは内容に欠けるのでこじつけで付けた
ような箇所というぐらい何もないのが現実。
でも、このWave Rockは世界不思議な光景の一つに挙がっていますので見る価値は十分にあります。

Town of York.jpg
【西オーストラリア州で最初に建設された街・ヨーク】

レンタカーでゆっくり走っても片道、休憩を入れて4時間〜4時間半。
Waveに約1時間、、帰りも4時間〜4時間半とすると最大で10時間の所要時間です。
1時間の観光の為に9時間の移動をどう捉えるか??
お出かけの際にはその問題をクリアして自然の芸術美を体験されてください。





























posted by もちや at 07:00| 大阪 | Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする