2019年07月19日

2019 オーストラリア周遊 【シンガポール 何じゃこりゃ〜??】

オーストラリアのメジャー都市制覇を目指して3年連続でオーストラリアを
周遊しています。今年は6名のメンバーと私のなんちゃってガイド兼ドライバーの
7名で冬になりつつあるオーストラリアを楽しみたいと思います。
今年の新都市はブリスベン、ゴールドコースト、そして一番興味があるオーストラリア
最東端のバイロンベイに加え、、やっぱり外せない魅力なメルボルン。。
航空会社はシンガポール航空なので最初にシンガポールへの立ち寄りも計画。
さて、どんな旅となる事やら。。

海外へ行くと不思議な事や違和感を覚える光景、場面に遭遇する事も多いはず。。
何これ?とか日本では考えもしなかった事がそこにはある。

そんな不思議な物を写真でご紹介します。

題して『何じゃこりゃ〜???』

日本にも色々な自販機は存在するが生絞りのオレンジジュースの自販機を
見たのはこれが初めてです。

016CE55E-F16F-4832-8A10-7243D50BE0CA.jpg

結構買ってる人が多いんだな、、朝がやっぱり人気か??

車のタイヤにロックを掛ける取締は日本でも昔ありましたが、こちらはバイクも・・

9E2B9D51-E3A9-400B-8CDE-01DC5D293468.jpg

外すのにS$50.00って安くない??(約4000円)罰金も科せられるのかな??

開店花の習慣はシンガポールにも存在するみたいです。

30AC4F70-BBE9-4769-B971-1E35F0DC1A4E.jpg

グランドオープンと記されていますが、お花を取る(貰う)習慣は枯れている状態
から察して無いみたいですね。

道路の白線のジグザクは??

96E86132-A296-444A-B0B5-3FA7C25D5E77.jpg

注意??横断歩道あり??何か違う事考えながら仕事したの?
そんな事はないでしょ!!
正解は何でしょう??謎です。

これもお金が要るの??

Recipt 2.jpeg

レシートの中の項目に Towel という文字。
これは、食事前にテーブルに配置されている『おしぼり』です。
普通の『おしぼり』布制じゃないよ、、私が変換すると Paper Towel
ウエットテッシュです。
手が汚れたと言っておしぼりを大量に貰うとその分課金されますので
ご注意を。。『おしぼりいっぱいちょうだい』って言ったら店側は喜んで
持ってくるでしょうね。。


文化・習慣の違いを発見するのも海外旅行の楽しみの一つです。
私は普通に見た風景が、隣の人には奇抜に見える・思える、、そんな事を言い合い
ながら、共有しながら時間を過ごす、、五感で感じた事、、何気に思った事は旅行では
非常に大事な要素です。
素直な気持ちで街を歩くと色々な発見があるものです。
















posted by もちや at 07:00| 大阪 ☁| Comment(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

2019 オーストラリア周遊 【シンガポールの食 その1】

オーストラリアのメジャー都市制覇を目指して3年連続でオーストラリアを
周遊しています。今年は6名のメンバーと私のなんちゃってガイド兼ドライバーの
7名で冬になりつつあるオーストラリアを楽しみたいと思います。
今年の新都市はブリスベン、ゴールドコースト、そして一番興味があるオーストラリア
最東端のバイロンベイに加え、、やっぱり外せない魅力なメルボルン。。
航空会社はシンガポール航空なので最初にシンガポールへの立ち寄りも計画。
さて、どんな旅となる事やら。。

オーストラリアの前にシンガポールに立ち寄った最大の目的は食。
スケジュールを建てる上で食から決めた、なので何を何処で食べる!と、1泊2日の
日程に7回分の食がぎっしり詰まっている。ま〜お腹がいっぱいなら次回へ回せば
良いだけの事。

今回の食でお薦めのレストランを2回に分けてご紹介致します。

☆ Cin Cin Eating House (チキンライスの老舗店)=初訪問=

蒸しチキンとローストチキンの2種類のチキンライスがあります。
正直、メニューを見たが『チキンライス』と解読できるメニュー名がないので
注文時にチキンライスのスティームとローストが食べたい旨を伝えたらコレが
出てきました。

0867BF51-20AA-4852-8E16-F86F0C921FA7.jpg 73812633-68D9-4F81-A187-999ABB79D743.jpg

テーブルに置かれている唐辛子と一緒に食べるのが良いとの事で、、辛い物好きの
私としてはあっさりした胸肉と甘めのタレ、、そこに唐辛子を付けて食べる味は
病みつきになります。蒸しとローストの食べ比べは最高です!
ここは次回夕食でゆっくりと色々な物を頼んで楽しむお店として決定です。

3B590F24-C2BA-4D01-8FF8-41DE40E1E70F.jpg C8FEE86D-B2B1-4F0F-80BA-2AA91B82807D.jpg

今回はチキンライスしか食していませんが他のメニューも豊富でどれも美味しそうな
感じがしますが、メニュー解読が難しいのでお薦めを聞きながらの注文になるでしょう。

住所: 19 Purvis St., Singapore
営業時間: 11:00〜21:00 (ランチ時は混みあうそうです)




☆ Marin Parade Laksa (ラクサ) =初訪問=

Roxy Squareという商業ビルの1階に入っています。
この辺はラクサ激戦区だそうで中心部でもラクサは食せるが人生初ラクサだったので
激戦区へ訪問。
エビの濃厚なスープに米粉で出来たやや平らな麺が入っている。
シンガポール版担々麺という感じでしょうか?!
麺は普通だが、その麺とスープとを合わせると美味になる。
海鮮好き(エビ好き)ならこのコンビネーションは嵌るかも・・
〆の一杯でも優しい味。このエリアはちょっと歩けばラクサのお店が見つかります。

16AE3BDD-0E0F-4C58-922D-AC101162B718.jpg 6B3015AD-C300-4070-A07E-26A17158E55D.jpg

ただ地下鉄の最寄駅からも片道約2km離れているので今回はTAXIで行きました。
『Roxy Square』と言えば伝わりますが初めてだと何処で降ろされるかが問題。
なので隣接するホテル『Grand Mercure Singapore Roxy』と言った方が賢明です。
ホテルから徒歩で約5分、、商業ビルの中を入って進んでいくと見つかります。

3F0F01C8-B756-4F95-92CF-44F7B3D8BCC9.jpg

住所:50 East Coast Rd.,#01-64 Roxy Square
営業時間: 08:00〜19:00



☆ Khansama Tandori Restaurant (インド料理)=2回目=

前回訪問した際に衝撃を受けたインド北部のインド料理。
インド料理と一言で言っても北部、中部、南部と辛さとルーの粘りや味に違いが
ある事を教えてもらった。今回は少々早めの夕食で予約をしての訪問。

D271B405-926D-4D78-845D-F0AD0D014059.jpg 1BFCEC85-FA55-4B51-ABD5-517D0E47438B.jpg

タンドリーチキンもナンもカレーも美味、、カレーはチキン、魚を始め10種類近く
メニューにあります。迷ったらチキンがベスト。店員さんもフレンドリーなのでお薦めを
聞いて注文するのも良いと思います。

B63981D5-BE15-499B-8F6F-06E81C9EE27B.jpg

住所: 166 Serangoon Rd., Singapore
営業時間: 10:00〜24:30

HP: https://khansama.com.sg/?SID=b1020294a77bf28a41432c5408d8c115

51D17F7C-D512-4D22-A5DB-6144179E5455.jpg

人の味覚はそれぞれですが、、ここのお店なら誰にでも安心して紹介できる
きっとその人も美味しいと思うお店です。

シンガポールへ行かれる際にはメモをして候補の一つとしてお出かけください。
『シンガポールの食、その2』はまた後日ご案内いたします。


















posted by もちや at 07:00| 大阪 | Comment(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

2019 オーストラリア周遊 【水と光のショー】

オーストラリアのメジャー都市制覇を目指して3年連続でオーストラリアを
周遊しています。今年は6名のメンバーと私のなんちゃってガイド兼ドライバーの
7名で冬になりつつあるオーストラリアを楽しみたいと思います。
今年の新都市はブリスベン、ゴールドコースト、そして一番興味があるオーストラリア
最東端のバイロンベイに加え、、やっぱり外せない魅力なメルボルン。。
航空会社はシンガポール航空なので最初にシンガポールへの立ち寄りも計画。
さて、どんな旅となる事やら。。

我々のシンガポールでのスケジュールは忙しい。
朝食は○○、ランチは○○、夕食におやつ、、夜食と、、シンガポールでの食を
第一優先にして日程を組む、、その隙間に観光が入り込む。
今回のメインとも言える観光がウォーターフロントで繰り広げられる水と光のショー。

前回はマリーナベイ・サンズ側でオーケストラのサウンドを聞きながら間近で見たが
反対側からも綺麗という事で今回はマーライオン君の近くからの鑑賞となった。

1A635CD9-FAC9-4F71-A89B-806F8A921226.jpg 7B84BE7C-0D92-4217-8A95-9699B6C29846.jpg

やっぱり、ここだけは人が多い。

1764683E-2F01-4DE9-9038-F7AD989DF951.jpg

20時の開催に合わせて30分前からスタンバイ。。石段に座って見れるので楽ちんです。

D7405C3E-D535-465E-9EFE-BE581B7363E2.jpg 6BD83D56-6610-4E94-B432-8945A16F2489.jpg

マリーナベイ・サンズ側からだと噴水の吹き出しやサウンドも聞けるがマー君側だと
その両方は見えず聞こえない。
だが、マリーナベイ・サンズからの光線と全体図は良く分かる。

8D3293CA-9382-439D-B46A-FB36BD7FCBD8.jpg 96332D18-478F-4C7A-9723-30E281AEE548.jpg

へ〜、、ショッパーズの屋根もイルミネーションするんだ。。
時々屋形船のような観光船が目の前を通るのも風流だ。

開催時間は15分。。
どちら側から見ても一長一短ありますので、、綺麗だと思われる方からご覧ください。

20時と21時の開催(日曜日〜木曜日)
20時、21時と22時の開催(金、土曜日)

20時と21時をそれぞれ場所を変えて見ても面白いと思います。

マー君側の方が空いてるような気がします。
15分前に現場に行ってもたぶん座れると思いますね。
陽が沈むと若干涼しくなって海風が当たるのがちょっとホッとします。















posted by もちや at 07:00| 大阪 ☁| Comment(0) | シンガポール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする