2019年07月22日

2019 オーストラリア周遊 【オーストラリア入国】

オーストラリアのメジャー都市制覇を目指して3年連続でオーストラリアを
周遊しています。今年は6名のメンバーと私のなんちゃってガイド兼ドライバーの
7名で冬になりつつあるオーストラリアを楽しみたいと思います。
今年の新都市はブリスベン、ゴールドコースト、そして一番興味があるオーストラリア
最東端のバイロンベイに加え、、やっぱり外せない魅力なメルボルン。。
航空会社はシンガポール航空なので最初にシンガポールへの立ち寄りも計画。
さて、どんな旅となる事やら。。

1泊2日のシンガポールを終えた我々は今回の目的であるオーストラリアへ向けて旅立った。

いや〜正直遠いです。シンガポールを経由してオーストラリアの西部(パース)や
北部(ダーウィン、ケアンズ)はまだ近いが、、ブリスベンだと8時間弱のフライト。

56CAB3FE-3F0A-4800-A192-CC10A83DB8F2.jpg

メルボルンよりも更に遠い、、たぶんシンガポールからオーストラリアで一番遠いのが
このブリスベンだと思う。

471B2AAF-90C7-47B5-A384-62AAA7E5B40A.jpg

機内食は深夜便でもきちんと2回出ます。2チョイスあったが生憎もう一方を撮るのを忘れた。。
東南アジア系の航空会社はエコノミーでも普通に美味しく食べれる点が良いね。
日本人好みの味付けでどちらを食べても外れはないと思う。
ま〜朝食はこんな感じでしょ。。

ED33F622-0F6A-45A1-B8D3-7ABE9746C0BD.jpg 3FB3DFE0-047E-4B83-94B4-534018E60EDA.jpg

3014B4DC-BDDB-4963-AB0B-0376C2ACB745.jpg

着陸30分ほど前からオーストラリアの東海岸が眼下に広がる。
これがかの有名なグレートバリアリーフの南端の一部なんだろう。。

A47AD5A1-8CC7-4B5E-8742-40A7CEB98060.jpg

そんな景色を楽しみながらオーストラリアの入国書と税関・検疫申告書を記入し
今回初となるブリスベンからの入国です。

2A777367-9504-4D89-AA0A-8DDDB7C411D4.jpg

ま〜毎度のことながら日本から調味料や食料を持参するので税関申告書には食べ物有に
レ点を付けたが、、結論から言うと過去シドニー、メルボルンよりも厳しいですね。

入国 ⇒ 荷物引き取り ⇒ 税関・検疫 と進むのだが 税関・検疫で2方向に分けられる。
一方は何もなくそのまま出口へ進むノーチェック組、そして何かの申告があるチェック組。
そのチェック組を食べ物とたぶん常備薬等の持ち込みとに分けられる、、様子を見ていると
常備薬グループは10~20人をまとめて並ばせ、そこに検知犬がスーツケースの周りを2~3周。
問題が無ければそのまま出られるようだ。

で、我々の食べ物グループは検査台の上にスーツケースを開けられ没収されていく品々や
パスされる物、、一つのスーツケースを10分近くあ〜だ、こ〜だと言いながら調べている
のだろう。

そんな検査台が5〜6テーブルあり、、順々に振り分けられていく。

なんだかんだで30分以上は待った、、いよいよ私たちの番である。
日本から持ち込む品を1枚の紙に書いてきたので、それを見せると、、問いかけは2つ。

・ フルーツの持ち込みは??
・ なま物の持ち込みは??

どちらも『いいえ』で答えると、、『どうぞ良い旅を!!』であっけなく??終了。

668E19C9-2275-4601-A3D0-B687778964B4.jpg

特にスーツケースを開けられる事もなく紙1枚で通ったが過去の税関・検疫よりも
かなり厳しめのブリスベン空港であった。

ま〜この日がたまたま厳しい日であったのか??常なのかは分からないが
過去の経験からして食べ物や調味料を多数持ち込む場合は、、それらを1枚の紙に
列挙して検査官に渡すのが手っ取り早い方法である事は間違いないと言える。


☆☆ 補足 ☆☆

オーストラリアの検疫について

https://japan.embassy.gov.au/tkyojapanese/faq_quarantine.html

持ち込品は上記のサイトをご確認ください。
尚、申告せずに食べ物を持ち込、それが見つかるとかなりの額の罰金となり
ますのでご注意ください。
時間を要しても食べ物有で申告される方が身のためです。

















posted by もちや at 07:00| 大阪 ☁| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする