2019年08月31日

2019 オーストラリア周遊 【メルボルン空港 ラウンジ】

オーストラリアのメジャー都市制覇を目指して3年連続でオーストラリアを
周遊しています。今年は6名のメンバーと私のなんちゃってガイド兼ドライバーの
7名で冬になりつつあるオーストラリアを楽しみたいと思います。
今年の新都市はブリスベン、ゴールドコースト、そして一番興味があるオーストラリア
最東端のバイロンベイに加え、、やっぱり外せない魅力なメルボルン。。
航空会社はシンガポール航空なので最初にシンガポールへの立ち寄りも計画。
さて、どんな旅となる事やら。。

帰国便のフライトはやっぱりシンガポール航空。
なので、用事がなくてもシンガポール経由の関空となるフライト。。
行きは良いが、、帰りは早く帰りたいと言う気持ちの中、シンガポール経由は少々
面倒な乗り継ぎである。

16EE1B4A-D38E-4996-BF4C-A8D1EBD21EC7.jpg


シンガポールから関空は1日に3便、、各フライトによってシンガポールでの待ち時間は
色々あるが、それに合わせるようにメルボルンを出発するフライトも、朝、昼、深夜と
3便運航している。
我々は少しでもメルボルンでの滞在時間が長い深夜便を選択して帰国日もフルで活動し
気持ち早めの20時にメルボルン空港へ向かった。

44B98EEE-FD23-49B4-942B-4F1D63FCB752.jpg 0BA34D39-B5B1-4140-A4DD-043D71EF196D.jpg

シンガポールまでのフライトは7時間半、かなり空いていると、、うれしい情報を搭乗手続き
の際に教えてもらった。
深夜便なので搭乗する前にシャワーでも浴びましょう。

63A07655-6AA0-4794-A3BD-68D88276EDDD.jpg 85EA14D0-1695-46B6-A729-8C0B925E3752.jpg

シンガポール航空のメルボルンラウンジはシャワーが2つ、、空いてれば使えるというもので
予約制ではない。タオル一式は受付で申し出れば係の人が持って来てくれる。
ま〜夏じゃないので、、そんなに汗はかいてないがシャワーで汗を流しさっぱりとした気分で
搭乗できるのはありがたいものだ。

8E44019C-C8BA-4555-8677-DC0FE3063F59.jpg F8EE39EE-CF02-4533-B2E1-75765E9E7465.jpg

68135CA8-8206-4F3F-9A46-55D1842426BF.jpg 62570BF7-B16F-4033-88FF-6276EC7013C3.jpg

夕食時に食べたイタリアンでお腹はいっぱいであったので、シャワー後にドリンクとアイスクリームを
いただいて、、搭乗時間までゆっくり写真整理の時間です。

0CAF4CAA-BC29-489A-B6BB-E46059765ECC.jpg 09CA9CC8-06B6-4CDD-9686-B164839BEDF1.jpg

出発は、00:25、、たぶん寝れないがシンガポールに到着すると朝である。
さ〜寝れるかな?
空いてるって言うから横になって寝る事ができるとラッキーだ。。





















posted by もちや at 07:00| 大阪 ☔| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

2019 オーストラリア周遊 【打ち上げのイタリアン】

オーストラリアのメジャー都市制覇を目指して3年連続でオーストラリアを
周遊しています。今年は6名のメンバーと私のなんちゃってガイド兼ドライバーの
7名で冬になりつつあるオーストラリアを楽しみたいと思います。
今年の新都市はブリスベン、ゴールドコースト、そして一番興味があるオーストラリア
最東端のバイロンベイに加え、、やっぱり外せない魅力なメルボルン。。
航空会社はシンガポール航空なので最初にシンガポールへの立ち寄りも計画。
さて、どんな旅となる事やら。。

楽しい事をしていると、、あっ!という間に時間が経つ。
シンガポールから始まった今年の夏旅も、とうとう最後の晩ご飯となった。

メルボルンを出発するフライトが深夜便なので晩ご飯を済ませてから空港へ向かっても
余裕で間に合うスケジュール。

そんな最後の打ち上げとなるレストランは、、メルボルン市内の北部
ライゴンストリート界隈にあるイタリアン人街のイタリアン料理店。
この界隈だけでも20店舗ものイタリアンがひしめき合っているイタリアン激戦区である。

63E59479-B072-40E3-AA03-AF2A9B40544A.jpg 7A7D6126-E7A6-4CB4-B559-F6719FED9F0F.jpg

0A0B9CA2-A068-44B1-B58F-95D641D4EE0E.jpg

この界隈の殆どのお店は、店内か店前のテラス席かを選択できる。

時間がまだ早かった事もありどちらも空いていたが、、開放感のあるテラス席で食す事に
して注文をする。

A0979AE4-017E-4BA6-BDB8-334981B11FBF.jpg 81F8068E-C9CF-4F2A-AA93-7447749FA624.jpg

またも、、食い気に夢中になりすぎて一番肝心なメインを撮るのを忘れた。。
この日のお薦めのお肉料理は、、子牛のグリル温野菜添えキノコソースみたいな。。
温野菜の部分は正確ではないが、、お肉もジューシーでまたソースの香りもよく
非常においしゅうございました。

52E80696-5397-4818-85DC-641953B7614F.jpg 89F2D877-DA37-4ABC-89C4-17D0BF08B4AD.jpg

今日のお薦めは、、カラマリの具材をリゾットに入れたシーフードリゾット。
パスタでも出来るそうだが、、ご飯系が遠のいていたのでリゾットをお勧めの
品にして注文してみました。

2EA2D590-5C5D-409D-80CE-4C1F5D87EAA4.jpg 6F2ADE8E-63CB-40B2-A6C1-024AE2DE858C.jpg

また、このお店の特徴は目の前で打つ生麺のパスタ。。
注文が入ってから練るようで、、早めに注文してね、、との事。

陽が落ちるとテラス席の頭上に設置してある暖房器具や移動式のストーブを点けて
寒さ対策。冬のメルボルンはゴールドコーストやシドニーに比べるとかなり寒い。

52B014E6-315B-40CC-A29E-840033886672.jpg 7B1E95B1-A3E3-4551-AA12-23CC7D5BD7D1.jpg

しかし、しっかりとデザートまで頂き、、美味しい料理で今回の旅を〆る事が出来ました。

914E6925-11D7-426D-95DF-0C09EB1A0BBA.jpg AFCDC4B1-7F18-4AF4-AC72-0C72CBC146AD.jpg

SEASONS PROVEDORE

http://www.seasonsprovedore.com.au/

フリンダーズ駅から徒歩で行くと20分ほど要します。
トラムの最寄り駅(Lincoln Square/Swanston Street駅)まで行って徒歩が一番の近道です。
あとはタクシーでしょうね。。


























posted by もちや at 07:00| 大阪 ☁| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

2019 オーストラリア周遊 【買い物】

オーストラリアのメジャー都市制覇を目指して3年連続でオーストラリアを
周遊しています。今年は6名のメンバーと私のなんちゃってガイド兼ドライバーの
7名で冬になりつつあるオーストラリアを楽しみたいと思います。
今年の新都市はブリスベン、ゴールドコースト、そして一番興味があるオーストラリア
最東端のバイロンベイに加え、、やっぱり外せない魅力なメルボルン。。
航空会社はシンガポール航空なので最初にシンガポールへの立ち寄りも計画。
さて、どんな旅となる事やら。。

旅も後半に近づいてくると日本へのお土産がそろそろ気になる。
私はシンガポールのムスタファセンターというデパート??のようなところで
旅2日目にして、この悩みからは解放されたので案外楽である。

このブログでもお伝えした日本で言うとドンキとかジャパンのようなディスカウント屋さんが
オーストラリアにも点在するので、、オーストラリア特有の小物はそこで買いながら
食べ物は市場やウールワースで品定めをしている。

77B6902E-BEDE-4167-9590-BA685D7B2D67.jpg F68240C3-4EBE-4F68-B7A3-737341D0030B.jpg

シュウェップスのジュース、、このメーカーの『ブラッドオレンジ』がお気に入り。
昔々はこの会社が日本でもブラッドオレンジを販売してた事があったようだが日本人には
馴染まなかったのか販売中止になっていますね。でも、私は好きです。
半額の1本/1ドルとたまたまセールしていました。
その他にもオーガニックのオレンジジュースは朝の一杯には格別なお味。

C025778B-2CBE-461B-834D-BDBAD8E0D3F5.jpg 8690F33F-AFE4-49D2-A92B-762F4C4ADE04.jpg

アボカド、、産地は不明だが、、オーストラリアのアボカドは日本よりも濃厚でクリーミー。
自炊の際には必ずアボカドの品は何か作ります。
昨年はブラッドオレンジが売っていたのだが、、昨年よりも2カ月早いと、、どの市場や
スーパーでも見当たらなかった。ちょっと残念。。

4255CD1A-5951-4AB0-BB81-0A539326DC54.jpg

オーストラリアは日本同様に海に囲まれた島国。。
海産は新鮮でう・ま・い。
市場では普通に購入する事も出来るが、、買ってその場で食べる事も出来る。
場合によってはテーブルに醤油、タバスコ、レモン等々の調味料が備わっている事もある。
生牡蠣は超お薦めの品、、12個入りでA$12.00〜A$15.00なので1000円前後。

346C16E1-67B9-4759-97EC-C1AED7DD848D.jpg

これはオーストラリアだけではないが、、ヨーグルトの種類が日本よりも断然多い。
特に濃厚なギリシャ系は、、頻繁に買っている品。
朝一番でつぶつぶ入のオレンジジュースを飲み、ヨーグルトとフルーツ、、そこにコーヒーが
あれば充分な朝食である。

14566834-D7BB-459E-8FFC-0514F9A60B54.jpg

これもオーストラリアという訳ではないが海外へ行き安ければカシューナッツとピスタチオは
毎回買っていますね。私の定番土産です。
ピスタチオはA$6.00、、カシューナッツはA$15.00、、日本で買うよりも安いかな??

日本へのお土産、、現地で食す分等々、、色々ありますがうまく日本では入手できない物を
物色しながら時間のある時に探すのがコツです。
尚、肉類や果実系は日本の検疫に引っ掛かり日本持ち込ができない品もありますので予め
調べてから購入される方がベストです。

























posted by もちや at 07:00| 大阪 ☔| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする