2019年08月22日

2019 オーストラリア周遊 【SEVEN SEEDS】

オーストラリアのメジャー都市制覇を目指して3年連続でオーストラリアを
周遊しています。今年は6名のメンバーと私のなんちゃってガイド兼ドライバーの
7名で冬になりつつあるオーストラリアを楽しみたいと思います。
今年の新都市はブリスベン、ゴールドコースト、そして一番興味があるオーストラリア
最東端のバイロンベイに加え、、やっぱり外せない魅力なメルボルン。。
航空会社はシンガポール航空なので最初にシンガポールへの立ち寄りも計画。
さて、どんな旅となる事やら。。

オーストラリアを周遊してはっきりと分かった事がある。
それは断トツでメルボルンの食はレベルが高いという事。
昨年は、あの独特な空気感をもつパースにも行って、、ゆっくり流れる時間の中で
パースの食にも共感を持ったが、、シドニーを含め約2/3のメジャー都市を巡り終え
メルボルンは他の都市からしても、、ずば抜けているという事。

産地表示、オーガニック、地産地消といった食材への安心・安全にも配慮し、料理の
見た目、提供、味にも拘りを持ったお店が多い。

その中でも今回初訪問して次回も・・・というカフェ店を一つご紹介します。

SEVEN SEEDS

E2458829-8B59-4188-8051-60FE0B01AC57.jpg 843D3403-BECD-4ED5-A742-94BD0BC3E5A4.jpg

倉庫のような佇まい。。
外壁に店名が書かれているので間違いないが鉄板のような扉をあけると
外見からは想像を反した賑わいがあった。

DA4D60BB-A68F-4239-9B54-56C753CE1CFB.jpg 047C7263-8CAC-4BEC-9118-DC6DAA1EF059.jpg

朝は決まって、、私はロングブラック。。
しかし、提供されたコーヒーの横にお水が付いている。。

日本ではサービスで食前にお水は付くが海外では殆ど付かない。

でも、よく見るとお水ではない。
周囲を見渡すも、、どのようにこのお水を使うのかが不明、、付いてる人も居るし
ない人も居る。

メインのエッグベネを持ってきたウェイターさんに尋ねると、、ロングブラックを
注文した人のみに付く炭酸水だと言う。
ロングブラックが濃いので、飲んだ後で炭酸を飲むとその濃さがマイルドに変わる
と言う。。

へ〜〜っ!! 初めての体験だ。。

その事も伝えると、、炭酸を一緒に提供しているお店はたぶんここだけよ。との事で
トライしてみてね!!と笑顔で去っていった。。

DD290125-7EDB-4B85-B676-A846F2F096A8.jpg

そして、、ここのエッグベネはワッフルバージョン。。
ワッフルの生地の中にコンビーフが入っているのが特徴。
ワッフルバージョンにも驚くがコンビーフ入りとは恐れ入りました。

で、炭酸を飲むと、、どうなるかって????

ほんと、、後口がマイルドに和らぎます。

ロングブラックはエスプレッソをお湯で割っているのでコーヒー自体は非常に濃い。
飲んだ後にコーヒーの苦みが残るのも事実、、その苦みが落ち着くってのが私の感想。

いや〜、、面白い体験をさせて頂きました。
興味のある方は是非、、ロングブラックをご注文してみてください。


☆☆ 補足 ☆☆

SEVEN SEEDS

https://sevenseeds.com.au/

ここはコーヒーの豆屋さんがカフェを営んでいます。
メルボルンにもここの豆を使ったカフェ店は2〜3軒ありますが、ここが直営店。

E63BC8D3-9518-4214-BDC6-65632F941E16.jpg C24DF804-8890-4173-81E0-9F88CD4E8104.jpg

焙煎した日を記載しているなんて、、親切ですよね。。

このお店の南方約600mにクイーンビクトリアマーケットがあります。
クイーンビクトリアマーケットと一緒に周る方が効率的ですね。


































posted by もちや at 07:00| 大阪 ☁| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月21日

2019 オーストラリア周遊 【ウインターナイトマーケット】

オーストラリアのメジャー都市制覇を目指して3年連続でオーストラリアを
周遊しています。今年は6名のメンバーと私のなんちゃってガイド兼ドライバーの
7名で冬になりつつあるオーストラリアを楽しみたいと思います。
今年の新都市はブリスベン、ゴールドコースト、そして一番興味があるオーストラリア
最東端のバイロンベイに加え、、やっぱり外せない魅力なメルボルン。。
航空会社はシンガポール航空なので最初にシンガポールへの立ち寄りも計画。
さて、どんな旅となる事やら。。

メルボルンの三大マーケットの一つ。
クイーンビクトリアマーケットが毎週水曜日の夜、、一部の敷地を開放して盛大な
ナイトマーケットが冬の期間のみ開催される。

DCA79E49-CCBE-46A1-855C-A5C16B462629.jpg 5DFD7997-A34B-4A85-A04D-364941F3127B.jpg

以前から開催している事は知ってたが過去、どうもこの曜日に当たらなかった。
今回は水曜日にメルボルンに当てはまるように日程を組んだので、、やっとです。
3年目にしてようやく来ることが出来ました。。

02D34C4D-25B0-4D33-B242-A7B433CAB6DB.jpg 3AD5FE83-7EA3-4CBD-B194-4419A626FE9C.jpg

それにしても凄い人です。
こんな盛大に開催されてるなんて、、、全く想像もしていなかった。。

そして、、あちこちには食を求めて長蛇の列、、それにこのもうもうとした煙。。
煙に加えて、、この美味しそうな匂い、、反則です!!
空腹時の訪問は危険ですね。。

DED76197-F316-4DBE-BCC2-D6B61AFB74BD.jpg 2C41ED36-CF2C-4886-A441-8AC064F4160B.jpg

5AF9027D-6EC7-4C1A-8026-225C46D38849.jpg 3C5A6D05-199C-4D20-B3F3-E551C8BE40FC.jpg

屋台とは思えぬ本格的な品が見た目から、、匂いから食欲を誘う。。
完全に店内で食すお店レベルです。

BE3E457E-87E1-444F-B413-EFB66C469578.jpg

そしてお決まりの移動ATMにも列が・・・

残念ながら我々はこの後晩ご飯を予約していたので、ここでは全く食さなかったが
夕食で混みあう時間帯を外せば、、そんなに並ばず、ここで軽く食べるのもマーケットの
雰囲気が楽しめて有な感じです。

メルボルンの冬の水曜日に滞在なら、、是非足を運んでみてください。。
この雰囲気は体験する価値は大いにあります。



☆☆ 補足 ☆☆

ウインターナイトマーケット(クイーンビクトリアマーケット)

https://thenightmarket.com.au/

6月〜9月の3カ月間(冬季)のみの開催です。
昼間は野菜、雑貨を販売していた敷地で大半は屋根があるので雨の心配は
ないでしょう。
また夕食時間帯はどの屋台も15分は並ぶほどの長蛇の列です。
我々は18時過ぎの一番のピークに行ったのかも・・・
少し時間を外される方が良いかもしれません。

























posted by もちや at 07:00| 大阪 ☔| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

2019 オーストラリア周遊 【クラウン カジノ】

オーストラリアのメジャー都市制覇を目指して3年連続でオーストラリアを
周遊しています。今年は6名のメンバーと私のなんちゃってガイド兼ドライバーの
7名で冬になりつつあるオーストラリアを楽しみたいと思います。
今年の新都市はブリスベン、ゴールドコースト、そして一番興味があるオーストラリア
最東端のバイロンベイに加え、、やっぱり外せない魅力なメルボルン。。
航空会社はシンガポール航空なので最初にシンガポールへの立ち寄りも計画。
さて、どんな旅となる事やら。。

日本も将来的にはカジノが建設されるのか??パチンコ、競馬、競艇ぐらいの
現状でとどまるのか?

海外へ行くとカジノという一攫千金を夢見る場が存在します。
シンガポール、カナダ、アメリカ、韓国、、、中国、台湾には見かけませんね。。
そして、、ここオーストラリアでもカジノは存在します。

カナダ人である私の友人は、日本に来たらパチンコへ行く!というのが来日目的の一つ。
カジノは身近にあるがパチンコは日本にしかないので楽しみだと言う。

さて、今回宿泊しているホテルの少し隣にクラウンというカジノを代表するホテルがあり
24時間賑わう。。

97F95A5D-A736-4A42-B351-D8EB2EFC2149.jpg john-banagan-fire-show-in-front-of-crown-casino-melbourne-australia[1].jpg

maxresdefault[1].jpg

ちょっと小腹が空いたら、、ここのフードコートにある炒飯がうまい。
ご飯のパラパラ具合といい、、具材の味付け、、ご飯を引立て脇役でありながら
時折主張してくる具材感がたまらない。

15E0C9FC-EB6B-4728-8B93-EE52C233E75B.jpg

この量で、なんと『小』である。
『大』にしたら、、どんな量が出てくるのか??

夜中に食べるメニューではないが、、炒飯、酸辣湯、唐揚げ。。
これで A$17.40 (1300円位)
おデブ、、一直線という感じ。。

えっ!?
カジノの結果??

それは聞かないで。。。。でも、これはやけ食いではないよ。。


☆☆ 補足 ☆☆

・ カジノの入店はパスポートが必要です。
・ ここのカジノでの両替(日本円から豪ドルへ)は非常に率が悪いです。
・ ホテル館内にATMが多く設置されていますのでATMの方がお得だと思います。
・ ホテル外側で開催される炎のショーは無料ですが開催時刻がちょっと不明。
(ホテルのベルマン曰く30分に1回との事だったが・・・もっと間隔があったような)

『Gas Brigades』と言うらしいが、、その詳細は下記URLをご確認ください。

https://www.crownmelbourne.com.au/general/gas-brigades

では、楽しいメルボルンの夜を。。。



















































































posted by もちや at 07:00| 大阪 | Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする