2019年08月09日

2019 オーストラリア周遊 【BLACK or WHITE ??】

オーストラリアのメジャー都市制覇を目指して3年連続でオーストラリアを
周遊しています。今年は6名のメンバーと私のなんちゃってガイド兼ドライバーの
7名で冬になりつつあるオーストラリアを楽しみたいと思います。
今年の新都市はブリスベン、ゴールドコースト、そして一番興味があるオーストラリア
最東端のバイロンベイに加え、、やっぱり外せない魅力なメルボルン。。
航空会社はシンガポール航空なので最初にシンガポールへの立ち寄りも計画。
さて、どんな旅となる事やら。。

オーストラリアでの楽しみの一つはカフェ店巡り。
我々の朝食はホテルではとらず、地元のカフェ店で朝食を取り、、おやつ時の3時ごろに
休憩がてら立ち寄るパターンが多い。

ゴールドコースト、、最初の1軒目で立ち寄ったカフェ店でコーヒーを注文しようと思うと
メニューが違う!!

私の場合、、朝は強烈なロングブラック、、午後は優しめのフラットホワイトを注文する
事が多い。しかし、、メニューにはそんな単語は一切ない。

D918ECF3-46DC-4C8E-9288-BB46B8F55617.jpg

店員さんに聞くと・・・・

ミルクを入れないコーヒーを一括りで『ブラック』
ミルクを入れると『ホワイト』となるようだ。

ホワイトと注文したら店員さんが『ラテ、カプチーノ、フラットホワイト』何にする??と
聞き返されるのだろう。。
ブラックだと『エスプレッソ、ロングブラック』となるでしょう。

ちなみにメニューに記載されているフィルターコーヒーは日本のようにフィルター紙を用いて
お湯を注ぐコーヒーの事です。
フィルターコーヒーの方が値が張る事を考えるとブラックやホワイトよりも手間なのでしょうか?!

オーストラリアのコーヒー名はちょっと独特です。
詳しくは下記写真をご参考に。。

menu-of-coffee-680x594[1].png

上級者ともなれば『フラットホワイトのエスプレッソをダブル』という注文方法もあるようだ。

最近は日本でもフラットホワイトという飲み物があるが、、やっぱり本場には叶わない味の
ように私は思う。
ま〜その場の雰囲気や空気、空間が美味しさを高める要素になっているのも事実だろう。

是非オーストラリアへ訪問の際にはカフェ店へ出向き色々な種類のコーヒーを注文してみるのも
良い体験になると思います。















posted by もちや at 07:00| 大阪 ☀| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする