2019年08月23日

2019 オーストラリア周遊 【自炊】

オーストラリアのメジャー都市制覇を目指して3年連続でオーストラリアを
周遊しています。今年は6名のメンバーと私のなんちゃってガイド兼ドライバーの
7名で冬になりつつあるオーストラリアを楽しみたいと思います。
今年の新都市はブリスベン、ゴールドコースト、そして一番興味があるオーストラリア
最東端のバイロンベイに加え、、やっぱり外せない魅力なメルボルン。。
航空会社はシンガポール航空なので最初にシンガポールへの立ち寄りも計画。
さて、どんな旅となる事やら。。

旅には色々な目的がある。
その目的に合わせて日程を組み、、それを求めにその地へ行く。。

私の場合は『食』と大きな枠の中で名物料理や美味しいとされるレストランや
カフェへ行く事だが、、メルボルンは『自炊』もその目的の一つ。

ホテルは市場の徒歩圏で、、市場の開催日を逆算して出発日を先ずは決める。
次にホテルはキッチンが備わっている事が条件。
全て『自炊』の為である。
またその自炊に合わせて日本から調味料を持参、、入国の際、長時間待ちの検疫を
耐えるのも、、この『自炊』がしたいから。。。

668E19C9-2275-4601-A3D0-B687778964B4.jpg ECBAA68F-D4D8-47BA-8574-A9DC64135BD7.jpg

調味料を現地で揃える事も出来るが、品も多いし、、量もある。
日本には百均という便利なところで全て揃うので持っていく手間を考えても
持参という答えになる。

さて、今晩は何にしようか? 大好きなサウスメルボルンマーケットをぶらぶらして
決めましょう!!

429C037F-9DFA-4BB6-987A-0B1DAA2480A7.jpg 37F463A4-A9C6-41EB-9514-CDE5CD0E5C8D.jpg

こちらは量り売りが基本。。
レジの際に少量でも、、その単位で計算してくれる。
たまねぎ1個、ミニトマト3個、マッシュルーム2個でも量り売り。。中には3つでいくら
と記されている商品もある。
オーストラリアのアボカドは味が濃い上に何故かクリーミー。。
毎回買う品の一つである。

2961A84D-83D7-45CF-9234-29F23D660F02.jpg AED07653-6354-495A-AAC6-B59F8CCC6A92.jpg

野菜屋さん、魚屋さん、お肉屋さんと回って食材調達完了。
魚屋さんの売り場は10m以上の幅がある店構えなので、、大きなショーケース越しに
店員さんを連れまわし注文しないといけないので大変。

C3EC0966-46E2-4955-996C-3C738A9842AA.jpg DADD296A-BF12-49FC-9F7E-5B0B83F02687.jpg

T-Born、サーモン、マグロ、それにウニも買っちゃいました。。
エビに野菜と、、こういう所へ行くとついつい見た物が欲しくなりますね。

6A1E0723-DAAA-4406-BDA3-7DEA8C96BB6A.jpg 523AB556-923D-4A54-9E25-9EB941109512.jpg

で、このような食材で完成した晩ご飯がこちら。。

6BBE3699-4376-49D4-8EF3-04A479D6237E.jpg 6F6890E7-8632-4307-A33A-5ED36F811A29.jpg

9377ED3C-1F85-4675-8304-59D0DF8DF09B.jpg

・海鮮スープ
・T-Bornステーキ
・漬けマグロとアボカドの和え物
・エビ、マグロ、アボカドのサラダ
・ウニ
・生牡蠣
・茹エビ
・茹トウモロコシ
・クロワッサン
・海鮮パスタ
・海鮮ぞうすい

買ったものをそのままテーブルに、、という品もあるが大満足の晩ご飯です。
今回初めてマグロとウニを買ったがどちらも新鮮で美味でしたよ。
マグロはこの量で700円少し、少し筋ばっていたが醤油とみりんで漬けにしました。
ウニは1個600円、、サーモンに至っては特売で500円弱ですからお得ですよね。。

海外へ行ってまで料理???と思うかもしれませんが日程が長くなると外食ばかり
では飽きてしまいます。
街で買ったパンとパスタでも良いと思います。
市場で新鮮な品を購入して部屋で作るのも面白い体験だと思いますよ。。

DDE3E19B-9B43-4B50-B3FA-9EE0CEAE1C4E.jpg E05BCCE1-3F52-40ED-A5B0-46F0B6A8501F.jpg

最後に食器を洗って食器洗浄機に入れれば明日の朝には乾いている。

今回も楽しく美味しい晩ご飯でした。。




























posted by もちや at 07:00| 大阪 ☀| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする