2020年05月09日

若竹煮

先日、送られてきた田舎からのプレゼント。。
そこには、春の味覚がぎっしり詰まっておりました。
その中の一つ、、竹の子と葉山椒で若竹煮を作ろうと
思います。

この竹の子は生なので米ぬかと一緒に灰汁抜き作業が必要です。

37D9842E-23D8-4E67-A898-5623D709D6C3.jpg 4CE9E1D3-FCD7-47A2-912D-E01D01884B1A.jpg

掘りたての竹の子は灰汁抜きが要らないが、たぶんこれは1〜2日
経っている。

次に必要なのが、、この時期の山椒。
新芽の柔らかな部分だけを摘み取った花山椒、、これが成長すると
葉山椒になります。
ツーン!と言う刺激臭よりも清々しさを感じる春を代表する味覚です。

2ADF238F-EF9C-4739-BBC2-25B2C2F2EA5C.jpg 142379E5-E1F0-4B76-B957-BB0F6C46F8C1.jpg

残念ながらワカメは田舎産ではないが今日よりも明日になると
このワカメが良い働きをしてくれる。

竹の子は根っこと先っぽ、、どちらがお好きですか?
やっぱり柔らかな先っぽですよね。。
でも、根っこも歯ごたえ抜群で食べてる感が魅力的。

F3E93FD6-DC18-4E9B-9870-43F3333F1DAF.jpg

もう少しだけ竹の子が残っているので、、次は竹の子ご飯といたしましょう!!

田舎に帰らずとも田舎の春を頂いた一品でした。






☆☆☆☆ もちや & もちcafe ☆☆☆☆
大阪市阿倍野区万代1-6-1
TEL & FAX: 06-7163-6100
MAIL: mochiya@cafe.zaq.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


当店では営業時間を短縮しております。。
営業時間は10:00〜17:00。
尚、2階の喫茶は16:30 L/Oとなります。。






posted by もちや at 07:00| 大阪 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする