2020年10月20日

秋の北海道【モール温泉】

今年もご縁を頂き北海道からお仕事が来ました。
予定していたオーストラリアも今年はキャンセルせざるを得なかった。。
ほぼほぼ大阪からは出ていない2020年。
旅をするのも大手を振っては喜べないが対策をしっかりした上で秋の北海道を
少しだけ感じたいと思います。GOTOの恩恵もあるしね。。
では、素材毎に旅の足跡を!!

日本には様々な泉質の温泉が存在する。
今回は人生初となる『モール温泉』という泉質を帯広・十勝川温泉で楽しんだ。
当然初めて聞く泉質であり、、興味をそそる。

DB36C93C-44E5-4E72-9179-B3E74D5EAA86.jpg A26E7086-2489-489E-966F-5BE37E5D793B.jpg

十勝川温泉は、日本でも珍しい"モールの湯"が湧出するエリア。
遥か太古の時代に十勝川河畔は、葦などの植物が自生していた。
それらの植物が長い時間をかけて堆積し、できあがった亜炭層を通って
湧き出る温泉が、植物性の有機物を多く含む"モール温泉"なのです。

23C8FFEE-07B8-4136-A40E-837481F3840E.jpg B1464E1A-0C23-4371-B3A0-57FF0AFCBE70.jpg

やや茶色、、麦茶?紅茶?の薄い茶系の色で匂いや味はしない。
地表から500〜700mと案外浅い場所から湧くので意外にも高温だと言う。
なので、この宿では源泉かけ流し、、お部屋のお風呂もかけ流しと贅沢に
この珍湯なるモール温泉をいつでも好きな時に楽しめる。
その昔、アイヌの人たちはこの温泉を『薬の沼』と呼んでいたそうです。

F9B5DD3E-D7AB-4EDF-875B-51FB6592E265.jpg mo-ru.jpg

ややぬめりがあるのかな?
でも、大浴場ではそれほどぬめりは感じなかった。。(勘違い?先入観?)
10分ほどしか浸かっていないが湯上り後のポカポカ感は結構持続しますね。。
それに保湿効果を感じます。
私は男性なのでお肌のどうのこうのは、あまり関心がないがお店で水を使うので
手がどうしてもガサガサ、、それがすべすべになっているのが感じとれる。
ただ、この温泉の効果なのか、、ここまで来る間が毎晩温泉だったのでその蓄積
かは分からない。

DD3FDC47-C80F-4CBE-AAD5-4063373CD96F.jpg D946E62D-58BE-4885-96F5-E51DA3692556.jpg

十勝に沈む夕日を見ながら温泉に浸かる。
幻想的な朝靄の中で温泉と共に朝のコーヒーを楽しむ。。

なんとも贅沢な時間だ!!

モール温泉、、結構気に入りました。。

このモール温泉は、この十勝川温泉をはじめ、東鳴子温泉(宮城県)
大川温泉(福岡県)、七福温泉(大分県)などでも楽しめるそうです。






☆☆☆☆ もちや & もちcafe ☆☆☆☆
大阪市阿倍野区万代1-6-1
TEL & FAX: 06-7163-6100
MAIL: mochiya@cafe.zaq.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


当店ではしばらくの間は下記の営業時間と致します。
10:00〜18:00。(2階の喫茶は L/Oが17:30)

=ずんだ餅の販売(販売中)=
大阪・八尾産の枝豆を使ったずんだもち、、緑色がとってもきれい。
枝豆しか使っていないので枝豆の粒々感と相まって枝豆の風味を充分感じますよ。
たぶん、今週いっぱいまでの販売期間となるのかな??枝豆もつかな??

CB3E3566-A594-4C07-B1AE-DDDD898388EA.jpg











posted by もちや at 07:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする