2019年10月01日

ちょっと北海道へ。【 屈斜路湖周辺と硫黄山 】

ちょっと仕事で札幌へ、、でも折角北海道に行くのならお仕事の前後に
北海道を感じたいと、、『食・温泉・観光』を付け加え、北海道秋旅満喫プランと
致しました。
北海道は10年ぶり位になるのかな??
大阪はまだまだ暑いのでこの暑さから解放されるのが一番うれしいかも。
そんな北海道の秋旅を少しだけご紹介。。

心配していた台風もなんとか避けられ、、定時に釧路に降り立った。
空気が重くない、、湿気のベトベト感は一切なくカラッと軽い釧路の空気。

先ずは空港からレンタカーで北上、、屈斜路方面に向かいます。

1FCAEE75-C51B-4DC5-ADE4-A9F1ECC6766F.jpg 27B4D2CB-51F1-44CE-A01B-13FD94E987CF.jpg

豚丼、前から食べたかったんです。
帯広がメインのようで今回の行程ではありつかないと諦めていましたが
摩周駅の近くに豚丼が食べれるお店がありました。

ちょっと甘めのタレが食欲を誘います。。北海道に来て一番最初に口に
したのがこの豚丼。。生姜焼き用よりもやや分厚いのかな??食べ応え満点。。
出だしから好調なスタートです。

この屈斜路湖周辺には色々な種類の温泉がた〜くさんあります。

DCF694D6-3976-4B66-A88C-E8AB6988863D.jpg 5694D925-9856-4A95-9EC7-E8C02BD57DD8.jpg

昔ながらの趣がある昭和って感じの『亀の湯』公衆浴場。
加水された源泉かけ流し。

5分も浸かれば汗がじんわりと出てきます。
そして湯上り後もポカポカ、、冬に入っても湯冷め知らずのような温かさ。
これで200円とは恐れ入りました。

摩周温泉、、道の駅。。

BEA79E64-D998-4D50-8D7A-C9048F40CD5B.jpg 78DC9D99-D506-4548-B136-670A13843EF5.jpg

北海道と言えば、、、思い浮かべる物は色々あるが、釧路空港から屈斜路までの道中にも
多くの牧場が点在。。
やっぱり牛乳、、ソフトクリームでしょう。。

濃厚!!
まさに北海道を感じるお味の一つです。

屈斜路周辺の温泉の一つ、、砂湯。

25B6C56A-4267-41B6-A748-CABE67D46FB0.jpg 365D18F5-03BF-43BA-B714-5599E62EEDFD.jpg

湖の近くの砂場を少し掘れば温かい温泉が地中から湧き出ます。

2DB8F99C-1F33-4089-89BD-F437CD9C989F.jpg 5CB067B0-60FA-441A-98F3-E534DF6D2DF5.jpg

掘ったであろう形跡の穴があちこちに。。
自分で掘りあてた温泉で、この景色を見ながらの足湯、、格別でしょうね。。

この砂湯の他にも数キロ圏内に、、池の湯、コタンの湯、和琴温泉等々
無料で入れる野天の温泉や、有料の公衆浴場が湖周辺に点在。
それも泉質が違うというから驚きです。

そして本日の宿泊地でもある『川湯温泉』の近くにある硫黄山。

01A60AEC-6EB7-4DD0-9F9B-E979D9EEE52B.jpg 88D19516-4D38-45B5-A6B1-48A4FA763BC3.jpg

独特の卵臭ある硫黄の香り、、グツグツと地面から噴火する硫黄を帯びた水蒸気。
地球が生きてる事を感じ取れる瞬間。

7AE00183-A525-4B18-8D6A-F783DCCA3B9C.jpg

この迫力は凄いね。。
圧倒される自然の力、、そしてその恩恵を生かした温泉が川湯温泉。

235E7FAA-3FFF-4F1F-BD94-57E01749D3AC.jpg 2128F940-62D1-46CA-9E9A-295FA3F816F2.jpg

泉質は、強酸性硫化水素を含む、含鉄泉、含銅鉄泉、明ばん泉で、釘を浸けておくと
10日ほどで、あの太い五寸釘が酸化、腐食して消滅するほど強酸性の温泉。
殺菌作用が高く、硫黄成分による保温効果もあるようです。

6A0F28EF-7553-4CE9-BD1C-71F771E14E1E.jpg

温泉の湯気は硫黄臭を感じるが、温泉に浸かると肌に鉄分の匂いが付きますね。
しっとり感となめらか感があるが、、強い酸性の為、最初はピリピリ感を若干感じます。
またこの周辺では家電機器(テレビや洗濯機、冷蔵庫などなど)は通常の家電よりも
痛みが早くダメになってしまうそうです。

この温泉に毎日浸かれるのは魅力だが家電の劣化が早いのはちょっと考えるな。。


☆☆ 補足 ☆☆

☆ 豚丼、ぽっぽ亭
https://poppotei.wixsite.com/home/menu
JR摩周駅前のロータリー脇にあります。

☆ 亀の湯
https://www.masyuko.or.jp/introduce/kamenoyu/
6人が入ると一杯になる内湯が一つ。

☆ 道の駅 摩周温泉
http://www.masyuko.or.jp/michinoeki/index.html
足湯だけでも立寄る価値はあります。

☆ 砂湯及び屈斜路周辺の温泉
https://www.masyuko.or.jp/introduce/page/2/?search_keywords=%E5%B1%88%E6%96%9C%E8%B7%AF%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%A2%E6%97%A5%E5%B8%B0%E3%82%8A%E5%85%A5%E6%B5%B4&search_keywords_operator=and&search_cat1=0&search_cat2=47
清掃時間等で入浴出来ない時間帯もあります。

☆ 硫黄山
https://www.masyuko.or.jp/introduce/iouzan/
駐車代は500円。
登山禁止の硫黄山だがガイド付きのツアーなら通常じゃ入れない部分も
入れそうな感じ、、面白いかも。。

☆ お宿・欣喜湯
https://kinkiyu.com/
昔ながらの温泉地に建つお宿。
何と言っても泉質は最高。





















posted by もちや at 07:00| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: