2019年10月08日

ちょっと北海道へ。 【 小樽観光 】

ちょっと仕事で札幌へ、、でも折角北海道に行くのならお仕事の前後に
北海道を感じたいと、、『食・温泉・観光』を付け加え、北海道秋旅満喫プランと
致しました。
北海道は10年ぶり位になるのかな??
大阪はまだまだ暑いのでこの暑さから解放されるのが一番うれしいかも。
そんな北海道の秋旅を少しだけご紹介。。

過去北海道には7〜8回来ているが、、小樽はお初です。
札幌から電車で30〜40分で来れるのですね、、もっと遠いと思っていました。

th62JN2NX3.jpg

先ずは駅前の三角市場へ。
市場と見ると、、うずうずします。何を買うという事ではないが覗きたくなるんですよね。
地物のお魚や乾物、干物を見るだけでも楽しい気分になります。

6E75E610-1E11-4380-97BC-6CDBC6F2983C.jpg DDC09536-D7CA-4951-BE7D-1464697AECD0.jpg

実は地元のスーパーに寄るのも大好きなんです。
大阪では見ない物や、、え〜〜〜っ!と思う物もあったりで楽しい観光ポイントの
一つです。

683D2FD5-8B6E-4CD9-9BEB-8DB8F3F4071E.jpg 0C89A76B-F5B1-49F8-96C3-A5BDDA781CD4.jpg

北海道最初の鉄道・旧手宮線、、線路の上を歩く、、スタンバイミーの世界。。
でも、背後からは電車はやって来ません。。

お〜〜っ、、ここがよくテレビで映し出されるスポットですね。。

668304CE-06A1-4A4D-B646-DC6C32BB765C.jpg 33A9062D-F9FA-488E-90A6-3D0A870C37F1.jpg

この風景を見ると、、小樽って実感。。
へ〜〜、、この運河、かなり長いんだ。。
昼間の風景も綺麗だが川岸のランプが灯った夜景も幻想的で
綺麗なんだろうな。。

874C3C50-257B-44B3-A0AE-412E7B2CA150.jpg FA12C591-9338-4BD8-BE9B-A81648524865.jpg

29887AEF-42E9-4D26-ADF5-F6A96542B0CC.jpg ED06FE0F-90FB-43D9-B3E1-15B1421DC26F.jpg

運河クルーズ?!
足も疲れてきたので、、ここは楽ちんな観光を選びましょう!!

6CA7272B-DAD4-4FA8-8BD2-C960B0785B4B.jpg 3666DD17-D069-4E18-995E-3C3911ACF75A.jpg

そろそろお昼時、、小樽と言えばお寿司かな?と思い。。
入店した地元のお寿司屋さん、、ネタは言うまでもなく新鮮、、握り方も大変上品な
お寿司でございました。

31D51895-D8EA-4FD9-B92A-B6CEFAA75085.jpg B2FB5EBB-30CA-4DA4-A3DE-F86E89AEA3BC.jpg

話は急にかわりますが、、『ルタオ』ってご存知ですか?
かなり全国区並みに知られる小樽を代表する洋菓子のようですが・・・
私は、聞いたのも食したのもお初です。
びっくりしたのが、、そのネーミング、、『オタル』を逆さまにし『ルタオ』なんだって。。
洒落てますね。。そういや今朝小樽駅に。。ここから取ったの??

787EA89A-0B4C-4F7C-96CF-4A5762061A05.jpg

そして、、小休憩が続く。。

DA9CAD53-BBF7-49C3-A0BC-CAE0A3EF2897.jpg 5E8C7867-64D7-4464-89FD-9449619495FE.jpg

FA70AFFE-2D3C-4603-A0B9-EF937607D931.jpg AB212200-E92A-400F-A1E1-C8E3F71DF708.jpg

ランプの光って、、どこか優しさと温かさを感じます。
見てるだけでも癒される瞬間。。
朝の開店時には一つ一つ手作業でこのランプを点けていくそうです。

本当は隠れた小樽名物のあんかけ焼きそばを食べたかったのだが帰り時間も
迫り、、今回は断念。。

今度は運河の夜景、、そしてそのまま小樽1泊にして青の洞窟プランも良いかな??
石造りの倉庫群やクラシックな建造物の数々、、運河を中心とした小樽の歴史。
一方で美しいオルゴールやガラス製品と工芸品や観光ポイントがコンパクトに凝縮
した小樽。

日本にはまだまだ楽しい観光地がたくさんありますね。。

































posted by もちや at 07:00| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: