2019年09月01日

2019 オーストラリア周遊 【この旅を振り返って】

オーストラリアのメジャー都市制覇を目指して3年連続でオーストラリアを
周遊しています。今年は6名のメンバーと私のなんちゃってガイド兼ドライバーの
7名で冬になりつつあるオーストラリアを楽しみたいと思います。
今年の新都市はブリスベン、ゴールドコースト、そして一番興味があるオーストラリア
最東端のバイロンベイに加え、、やっぱり外せない魅力なメルボルン。。
航空会社はシンガポール航空なので最初にシンガポールへの立ち寄りも計画。
さて、どんな旅となる事やら。。

12日間のシンガポールとオーストラリア周遊の旅を終え、、総合的にまとめます。

昨年と一昨年の旅は8月、今年は6月に実施、この2カ月の違いは色々と大きかった。

先ず昨年は暑さと湿気でやられたシンガポール。
冬のオーストラリアを終えてからのシンガポール滞在だと暑さが余計に堪えると思い
今回はオーストラリアの前にシンガポールを訪れた。
が、、功を奏したのかシンガポール自体がそんなに暑くなく『あれ?』と拍子抜け。
たまたま今年訪れた日が涼しかったのか??疑問が残る。

D7405C3E-D535-465E-9EFE-BE581B7363E2.jpg 41D9D4ED-AB5F-438C-AC0C-2624405F9590.jpg

1764683E-2F01-4DE9-9038-F7AD989DF951.jpg

市場の野菜やフルーツも2カ月違うと品が全然違います。
アジア系の食は何を食べても美味しいね。

過去(シドニーとメルボルン)2回、これらの都市からオーストラリアへの入国をして
食べ物持ち込で税関・検疫を通ったが、、ブリスベンはその2都市よりも検疫が厳しい。
これもたまたまなのか不明だが、時間に余裕をもって入国からの先のスケジュールを
組んだ方が望ましい。

A47AD5A1-8CC7-4B5E-8742-40A7CEB98060.jpg

誰もが知っているゴールドコースト。
50qに及ぶ海岸線とそこに点在する色々な表情をもつビーチと街。

0D70FD24-EB60-4A32-91F7-696408C4F036.jpg 13382D8C-4CCB-4DF4-94C8-2F5FB335CB11.jpg

9584749B-988C-4005-A4F4-4B5A69BC065B.jpg

都会も感じながらゆっくり過ごすには最適な街だろう。

さらに、、都会から離れ、、オーガニックな食とビーチを楽しむのなら
バイロンベイもお薦め。

98FAFDA6-0BDC-4E1A-921B-20CD18E5848D.jpg C2387331-2F36-492C-B6EF-836535379198.jpg

5E43E61A-E3B0-45D1-85F8-38A41805FD8E.jpg F7DD0605-FB04-4271-8DD5-62F97A3A8D54.jpg

シーズンオフの6月よりも活気のあるバイロンベイの本当の姿にも興味が残る。

AF23F69E-6EDA-4407-91AF-62C081E10F39.jpg

オーストラリアの食は完璧だ!と過去2回の訪豪から解釈をしたが、、残念ながらそれは勝手な
想像であった。。これでメルボルンの食は、ずば抜けて美味しいという事がオーストラリアの2/3の
都市を終え判明した。

9CAD511E-E087-4643-938F-2AB122DA973F.jpg 6F2ADE8E-63CB-40B2-A6C1-024AE2DE858C.jpg

795D6C2E-EC88-49AD-A63A-606100E24972.jpg

世界で住みやすい都市ランキングで不動の1位となる・メルボルン、、納得です。
私も一票入れます。

星の数ほどあるオーストラリアのカフェ店。。
これには毎回新しい感動や衝撃を与えてくれる。

DA4D60BB-A68F-4239-9B54-56C753CE1CFB.jpg 047C7263-8CAC-4BEC-9118-DC6DAA1EF059.jpg

色々なカフェを巡って、、自分のお気に入りを1都市1カフェ探してください。
フラットホワイトが恋しいな。。

今後もオーストラリアへの旅は続くでしょう。
まだ制覇していない都市(ケアンズ、ダーウィン、アデレード、ハミルトン島に加え
行ってみたいブルーム)が残っているので。。

B5622830-840B-470E-9DEF-F7A207307F9E.jpg

後はうまくスケジュールが収まれば、、過去3回の訪豪と比べ合わせオーストラリアが
どんな国なのか?都市によっての特徴や比較も把握できるでしょう。

それを踏まえて大好きなメルボルン以上の都市が今後出現するのか?
このままキープ出来るのか??個人的には非常に興味があるオーストラリアです。

長く続いた帰国後のシンガポール・オーストラリアの旅ブログもこの回で終了します。
オーストラリアへこれから旅される方の何かの参考になれば幸いです。

7631B7FC-7376-404E-8F02-6FA80515A197.jpg 9182F889-26F1-4C0B-A769-C6800B507E03.jpg

0365F961-B7FF-424A-9D08-89D52C4F488B.jpg 5AF8AB9F-8965-4297-8980-82D05BC1D383.jpg

決して無理をせず楽しく平和に無事に、、帰国されますようスケジュールを組まれてください。























posted by もちや at 07:00| 大阪 ☀| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月31日

2019 オーストラリア周遊 【メルボルン空港 ラウンジ】

オーストラリアのメジャー都市制覇を目指して3年連続でオーストラリアを
周遊しています。今年は6名のメンバーと私のなんちゃってガイド兼ドライバーの
7名で冬になりつつあるオーストラリアを楽しみたいと思います。
今年の新都市はブリスベン、ゴールドコースト、そして一番興味があるオーストラリア
最東端のバイロンベイに加え、、やっぱり外せない魅力なメルボルン。。
航空会社はシンガポール航空なので最初にシンガポールへの立ち寄りも計画。
さて、どんな旅となる事やら。。

帰国便のフライトはやっぱりシンガポール航空。
なので、用事がなくてもシンガポール経由の関空となるフライト。。
行きは良いが、、帰りは早く帰りたいと言う気持ちの中、シンガポール経由は少々
面倒な乗り継ぎである。

16EE1B4A-D38E-4996-BF4C-A8D1EBD21EC7.jpg


シンガポールから関空は1日に3便、、各フライトによってシンガポールでの待ち時間は
色々あるが、それに合わせるようにメルボルンを出発するフライトも、朝、昼、深夜と
3便運航している。
我々は少しでもメルボルンでの滞在時間が長い深夜便を選択して帰国日もフルで活動し
気持ち早めの20時にメルボルン空港へ向かった。

44B98EEE-FD23-49B4-942B-4F1D63FCB752.jpg 0BA34D39-B5B1-4140-A4DD-043D71EF196D.jpg

シンガポールまでのフライトは7時間半、かなり空いていると、、うれしい情報を搭乗手続き
の際に教えてもらった。
深夜便なので搭乗する前にシャワーでも浴びましょう。

63A07655-6AA0-4794-A3BD-68D88276EDDD.jpg 85EA14D0-1695-46B6-A729-8C0B925E3752.jpg

シンガポール航空のメルボルンラウンジはシャワーが2つ、、空いてれば使えるというもので
予約制ではない。タオル一式は受付で申し出れば係の人が持って来てくれる。
ま〜夏じゃないので、、そんなに汗はかいてないがシャワーで汗を流しさっぱりとした気分で
搭乗できるのはありがたいものだ。

8E44019C-C8BA-4555-8677-DC0FE3063F59.jpg F8EE39EE-CF02-4533-B2E1-75765E9E7465.jpg

68135CA8-8206-4F3F-9A46-55D1842426BF.jpg 62570BF7-B16F-4033-88FF-6276EC7013C3.jpg

夕食時に食べたイタリアンでお腹はいっぱいであったので、シャワー後にドリンクとアイスクリームを
いただいて、、搭乗時間までゆっくり写真整理の時間です。

0CAF4CAA-BC29-489A-B6BB-E46059765ECC.jpg 09CA9CC8-06B6-4CDD-9686-B164839BEDF1.jpg

出発は、00:25、、たぶん寝れないがシンガポールに到着すると朝である。
さ〜寝れるかな?
空いてるって言うから横になって寝る事ができるとラッキーだ。。





















posted by もちや at 07:00| 大阪 ☔| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月30日

2019 オーストラリア周遊 【打ち上げのイタリアン】

オーストラリアのメジャー都市制覇を目指して3年連続でオーストラリアを
周遊しています。今年は6名のメンバーと私のなんちゃってガイド兼ドライバーの
7名で冬になりつつあるオーストラリアを楽しみたいと思います。
今年の新都市はブリスベン、ゴールドコースト、そして一番興味があるオーストラリア
最東端のバイロンベイに加え、、やっぱり外せない魅力なメルボルン。。
航空会社はシンガポール航空なので最初にシンガポールへの立ち寄りも計画。
さて、どんな旅となる事やら。。

楽しい事をしていると、、あっ!という間に時間が経つ。
シンガポールから始まった今年の夏旅も、とうとう最後の晩ご飯となった。

メルボルンを出発するフライトが深夜便なので晩ご飯を済ませてから空港へ向かっても
余裕で間に合うスケジュール。

そんな最後の打ち上げとなるレストランは、、メルボルン市内の北部
ライゴンストリート界隈にあるイタリアン人街のイタリアン料理店。
この界隈だけでも20店舗ものイタリアンがひしめき合っているイタリアン激戦区である。

63E59479-B072-40E3-AA03-AF2A9B40544A.jpg 7A7D6126-E7A6-4CB4-B559-F6719FED9F0F.jpg

0A0B9CA2-A068-44B1-B58F-95D641D4EE0E.jpg

この界隈の殆どのお店は、店内か店前のテラス席かを選択できる。

時間がまだ早かった事もありどちらも空いていたが、、開放感のあるテラス席で食す事に
して注文をする。

A0979AE4-017E-4BA6-BDB8-334981B11FBF.jpg 81F8068E-C9CF-4F2A-AA93-7447749FA624.jpg

またも、、食い気に夢中になりすぎて一番肝心なメインを撮るのを忘れた。。
この日のお薦めのお肉料理は、、子牛のグリル温野菜添えキノコソースみたいな。。
温野菜の部分は正確ではないが、、お肉もジューシーでまたソースの香りもよく
非常においしゅうございました。

52E80696-5397-4818-85DC-641953B7614F.jpg 89F2D877-DA37-4ABC-89C4-17D0BF08B4AD.jpg

今日のお薦めは、、カラマリの具材をリゾットに入れたシーフードリゾット。
パスタでも出来るそうだが、、ご飯系が遠のいていたのでリゾットをお勧めの
品にして注文してみました。

2EA2D590-5C5D-409D-80CE-4C1F5D87EAA4.jpg 6F2ADE8E-63CB-40B2-A6C1-024AE2DE858C.jpg

また、このお店の特徴は目の前で打つ生麺のパスタ。。
注文が入ってから練るようで、、早めに注文してね、、との事。

陽が落ちるとテラス席の頭上に設置してある暖房器具や移動式のストーブを点けて
寒さ対策。冬のメルボルンはゴールドコーストやシドニーに比べるとかなり寒い。

52B014E6-315B-40CC-A29E-840033886672.jpg 7B1E95B1-A3E3-4551-AA12-23CC7D5BD7D1.jpg

しかし、しっかりとデザートまで頂き、、美味しい料理で今回の旅を〆る事が出来ました。

914E6925-11D7-426D-95DF-0C09EB1A0BBA.jpg AFCDC4B1-7F18-4AF4-AC72-0C72CBC146AD.jpg

SEASONS PROVEDORE

http://www.seasonsprovedore.com.au/

フリンダーズ駅から徒歩で行くと20分ほど要します。
トラムの最寄り駅(Lincoln Square/Swanston Street駅)まで行って徒歩が一番の近道です。
あとはタクシーでしょうね。。


























posted by もちや at 07:00| 大阪 ☁| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする