2019年08月29日

2019 オーストラリア周遊 【買い物】

オーストラリアのメジャー都市制覇を目指して3年連続でオーストラリアを
周遊しています。今年は6名のメンバーと私のなんちゃってガイド兼ドライバーの
7名で冬になりつつあるオーストラリアを楽しみたいと思います。
今年の新都市はブリスベン、ゴールドコースト、そして一番興味があるオーストラリア
最東端のバイロンベイに加え、、やっぱり外せない魅力なメルボルン。。
航空会社はシンガポール航空なので最初にシンガポールへの立ち寄りも計画。
さて、どんな旅となる事やら。。

旅も後半に近づいてくると日本へのお土産がそろそろ気になる。
私はシンガポールのムスタファセンターというデパート??のようなところで
旅2日目にして、この悩みからは解放されたので案外楽である。

このブログでもお伝えした日本で言うとドンキとかジャパンのようなディスカウント屋さんが
オーストラリアにも点在するので、、オーストラリア特有の小物はそこで買いながら
食べ物は市場やウールワースで品定めをしている。

77B6902E-BEDE-4167-9590-BA685D7B2D67.jpg F68240C3-4EBE-4F68-B7A3-737341D0030B.jpg

シュウェップスのジュース、、このメーカーの『ブラッドオレンジ』がお気に入り。
昔々はこの会社が日本でもブラッドオレンジを販売してた事があったようだが日本人には
馴染まなかったのか販売中止になっていますね。でも、私は好きです。
半額の1本/1ドルとたまたまセールしていました。
その他にもオーガニックのオレンジジュースは朝の一杯には格別なお味。

C025778B-2CBE-461B-834D-BDBAD8E0D3F5.jpg 8690F33F-AFE4-49D2-A92B-762F4C4ADE04.jpg

アボカド、、産地は不明だが、、オーストラリアのアボカドは日本よりも濃厚でクリーミー。
自炊の際には必ずアボカドの品は何か作ります。
昨年はブラッドオレンジが売っていたのだが、、昨年よりも2カ月早いと、、どの市場や
スーパーでも見当たらなかった。ちょっと残念。。

4255CD1A-5951-4AB0-BB81-0A539326DC54.jpg

オーストラリアは日本同様に海に囲まれた島国。。
海産は新鮮でう・ま・い。
市場では普通に購入する事も出来るが、、買ってその場で食べる事も出来る。
場合によってはテーブルに醤油、タバスコ、レモン等々の調味料が備わっている事もある。
生牡蠣は超お薦めの品、、12個入りでA$12.00〜A$15.00なので1000円前後。

346C16E1-67B9-4759-97EC-C1AED7DD848D.jpg

これはオーストラリアだけではないが、、ヨーグルトの種類が日本よりも断然多い。
特に濃厚なギリシャ系は、、頻繁に買っている品。
朝一番でつぶつぶ入のオレンジジュースを飲み、ヨーグルトとフルーツ、、そこにコーヒーが
あれば充分な朝食である。

14566834-D7BB-459E-8FFC-0514F9A60B54.jpg

これもオーストラリアという訳ではないが海外へ行き安ければカシューナッツとピスタチオは
毎回買っていますね。私の定番土産です。
ピスタチオはA$6.00、、カシューナッツはA$15.00、、日本で買うよりも安いかな??

日本へのお土産、、現地で食す分等々、、色々ありますがうまく日本では入手できない物を
物色しながら時間のある時に探すのがコツです。
尚、肉類や果実系は日本の検疫に引っ掛かり日本持ち込ができない品もありますので予め
調べてから購入される方がベストです。

























posted by もちや at 07:00| 大阪 ☔| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月28日

2019 オーストラリア周遊 【メルボルンの食 2 】

オーストラリアのメジャー都市制覇を目指して3年連続でオーストラリアを
周遊しています。今年は6名のメンバーと私のなんちゃってガイド兼ドライバーの
7名で冬になりつつあるオーストラリアを楽しみたいと思います。
今年の新都市はブリスベン、ゴールドコースト、そして一番興味があるオーストラリア
最東端のバイロンベイに加え、、やっぱり外せない魅力なメルボルン。。
航空会社はシンガポール航空なので最初にシンガポールへの立ち寄りも計画。
さて、どんな旅となる事やら。。

前回に引き続きメルボルンでの食をご紹介致します。


☆ MAMAK(マレーシア料理/市内)

今回はオーストラリアの前にシンガポールに立ち寄ったせいかアジア系の
食に何故か魅かれる。。

4D9E1157-3A09-408F-94B1-C8C553F94E63.jpg 1D4D8728-37E1-4571-B835-38144C06B599.jpg

冒険というよりも確実路線。
なので、、安定・安心のお味は約束されています。
オーストラリアにはシドニーはじめ3店舗あります。

http://mamak.com.au/



☆ MEKONG VIETNAM (ベトナム料理/市内)

この日は寒かったので暖かいスープ系が欲しくて。。
入ったお店は、、今日もアジア系。。

AD12C9CD-98A1-4511-81B7-0C38FEBFC8F5.jpg B43EDC9D-D1D0-4EA5-AC36-990DE349603C.jpg

ホッとしますね。。
ステーキじゃなく麺類に行くところが、、もう老いてきたのか??
一番人気の牛肉入フォーにしました。

BFE71E24-4957-40D4-BA33-5425E2013BF1.jpg 30729B9F-C6B8-4948-9D5C-FD54D6114D72.jpg

店の前を通ったら、、良い匂いと活気のある店内に誘われて入ったので
場所が今一つ不明、、ロンズデールとクイーンストリート辺りだったような。。
帰りには、、凄い列が出来ていました。。


☆ HOPETOUN TEA ROOM (紅茶専門店/市内 ブロックアーケード内)

今回はここでゆっくりお茶を飲む事も目的の一つでした。
前回は朝食で訪れたので今回はティタイムとして、、おやつ時にやってきました。

D8BB471C-94A1-4426-9596-CC2A17081AA1.jpg 1C397FEB-1735-43D1-8EB4-238451E5CC59.jpg

並ぶのは覚悟のうえで来たのですが、、案外すんなりと入店。
10分ほど待ったのかな??

B0760473-5CE6-485F-97D9-246777861B7F.jpg 561C1365-CA2C-4DDD-A666-2101B3BFDE3A.jpg

正直、紅茶の味は今一つピンとこないのだが、、『スノーホワイト』という紅茶に
しました。アップル系のちょっとフレーバーな紅茶です。
まだまだ修行が足りませんね、、飲みやすいのですがコーヒーのような『美味しい
落ち着く』までの気分にはなりません。。
ま〜こういう私みたいな味音痴な人は雰囲気を楽しむ事を優先する方が良いのかな??

http://www.hopetountearooms.com.au/

注)おやつ時に行くととんでなく待ち時間が発生します。
その時のタイミングもあるでしょうが、、待ち時間覚悟のうえで行かれてください。
コーヒーもありますが、、ここはやはり紅茶でしょ。。


ほんと、、メルボルンは食が最高です。
多種多様の人種がいるので、、それだけの食文化があります。
日本出発前に日程を組んである程度、、レストラン候補を日数分だけはメモにするが
食事回数の3倍は候補が出来るほど、、食のバラエティが豊富。
1日何食食べるの??となるが、、行きたいレストランはまだまだある。。













posted by もちや at 07:00| 大阪 ☁| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

2019 オーストラリア周遊 【CHEMIST WAREHOUSE】

オーストラリアのメジャー都市制覇を目指して3年連続でオーストラリアを
周遊しています。今年は6名のメンバーと私のなんちゃってガイド兼ドライバーの
7名で冬になりつつあるオーストラリアを楽しみたいと思います。
今年の新都市はブリスベン、ゴールドコースト、そして一番興味があるオーストラリア
最東端のバイロンベイに加え、、やっぱり外せない魅力なメルボルン。。
航空会社はシンガポール航空なので最初にシンガポールへの立ち寄りも計画。
さて、どんな旅となる事やら。。

日本にもディスカウントショップがあるようにオーストラリアでももちろん存在します。
日本で例えると、、ドンキとかジャパン、ダイコクになるのでしょう。

その店名は、、 CHEMIST WAREHOUSE..
ケミストなので薬局ですが薬品ばかりではありません。
化粧品、シャンプーや石鹸の日常品、ちょっとした食品やサプリ等々。。
当然、お土産の物色には打って付けのお店。

18301BB6-3600-4718-8B59-63484317A9F5.jpg 5B2E6C7D-99E4-4CD4-BCCE-7DF12DEA1909.jpg

Chemist.jpg


私は、この手には疎いので何が良くて何を買うべきなのかが今一つ不明だが
女性達はパパイヤの成分から出来ている万能クリームや羊の毛から摂れる保湿性
抜群のクリームを目の色変えてあさっていた。。

このお店、、オーストラリア各地で目にします。
時間の間に(女性たちにとってはメインの場所かも・・)訪れるのも良いと思います。

https://www.chemistwarehouse.com.au/

このHPの『Store location』で検索してみて下さい。















posted by もちや at 07:00| 大阪 ☀| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする