2019年08月20日

2019 オーストラリア周遊 【クラウン カジノ】

オーストラリアのメジャー都市制覇を目指して3年連続でオーストラリアを
周遊しています。今年は6名のメンバーと私のなんちゃってガイド兼ドライバーの
7名で冬になりつつあるオーストラリアを楽しみたいと思います。
今年の新都市はブリスベン、ゴールドコースト、そして一番興味があるオーストラリア
最東端のバイロンベイに加え、、やっぱり外せない魅力なメルボルン。。
航空会社はシンガポール航空なので最初にシンガポールへの立ち寄りも計画。
さて、どんな旅となる事やら。。

日本も将来的にはカジノが建設されるのか??パチンコ、競馬、競艇ぐらいの
現状でとどまるのか?

海外へ行くとカジノという一攫千金を夢見る場が存在します。
シンガポール、カナダ、アメリカ、韓国、、、中国、台湾には見かけませんね。。
そして、、ここオーストラリアでもカジノは存在します。

カナダ人である私の友人は、日本に来たらパチンコへ行く!というのが来日目的の一つ。
カジノは身近にあるがパチンコは日本にしかないので楽しみだと言う。

さて、今回宿泊しているホテルの少し隣にクラウンというカジノを代表するホテルがあり
24時間賑わう。。

97F95A5D-A736-4A42-B351-D8EB2EFC2149.jpg john-banagan-fire-show-in-front-of-crown-casino-melbourne-australia[1].jpg

maxresdefault[1].jpg

ちょっと小腹が空いたら、、ここのフードコートにある炒飯がうまい。
ご飯のパラパラ具合といい、、具材の味付け、、ご飯を引立て脇役でありながら
時折主張してくる具材感がたまらない。

15E0C9FC-EB6B-4728-8B93-EE52C233E75B.jpg

この量で、なんと『小』である。
『大』にしたら、、どんな量が出てくるのか??

夜中に食べるメニューではないが、、炒飯、酸辣湯、唐揚げ。。
これで A$17.40 (1300円位)
おデブ、、一直線という感じ。。

えっ!?
カジノの結果??

それは聞かないで。。。。でも、これはやけ食いではないよ。。


☆☆ 補足 ☆☆

・ カジノの入店はパスポートが必要です。
・ ここのカジノでの両替(日本円から豪ドルへ)は非常に率が悪いです。
・ ホテル館内にATMが多く設置されていますのでATMの方がお得だと思います。
・ ホテル外側で開催される炎のショーは無料ですが開催時刻がちょっと不明。
(ホテルのベルマン曰く30分に1回との事だったが・・・もっと間隔があったような)

『Gas Brigades』と言うらしいが、、その詳細は下記URLをご確認ください。

https://www.crownmelbourne.com.au/general/gas-brigades

では、楽しいメルボルンの夜を。。。



















































































posted by もちや at 07:00| 大阪 | Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

2019 オーストラリア周遊 【メルボルン三大マーケット】

オーストラリアのメジャー都市制覇を目指して3年連続でオーストラリアを
周遊しています。今年は6名のメンバーと私のなんちゃってガイド兼ドライバーの
7名で冬になりつつあるオーストラリアを楽しみたいと思います。
今年の新都市はブリスベン、ゴールドコースト、そして一番興味があるオーストラリア
最東端のバイロンベイに加え、、やっぱり外せない魅力なメルボルン。。
航空会社はシンガポール航空なので最初にシンガポールへの立ち寄りも計画。
さて、どんな旅となる事やら。。

今回のメルボルンは日程的にも行動にも余裕があるので、、今まで行けなかった
マーケットへも行ってみようと思います。
メルボルンには大きなマーケットが3つあります。
それぞれの特徴もありますので、、ご参考に。。


☆ PRAHRAN MARKET

このマーケットが今回初めて訪れたプラーン・マーケット。
サウスヤラに位置しているので市内からだとトラム等で行く事になり徒歩では少々
無理があります。

2D92B151-6BCE-4D0D-982E-BDCF3266167F.jpg 2BB8DF6F-6F30-44FB-AC36-CE28C785F0CA.jpg

高級住宅街が近いという事もあり少々高めとの事。
でも、一つ一つの基準価格が頭に入っていないので、びっくりするような・・とまでは
いかないですね。
セール品があるのでうまく買えば、それなりにお買い物上手で楽しめます。。

98184AD9-92F1-481F-8E39-C8E21186DC8D.jpg 36EC868A-6B65-4541-A74D-6EBA7F2BD084.jpg

ここの特徴は観光客が少ない事とスペースに余裕をもった作りなので
市場というよりもショッピングセンター並みの間隔があります。
なので、ゆっくり自分のペースで歩け、品が見れるというのが良い。
行ったのが平日だったので土日に行けば多少雰囲気も変わるだろうが
ストレスフリーは大事な要素です。

F0C11BE9-1685-43D7-8F63-52AED7EE9DBB.jpg 65ABE846-DE3A-4AA3-85E7-997E7A70E940.jpg

明日の夕食は自炊なので、、カンガルーのお肉にしようか?!
キロ A$25.99、、安いの? 高いの?、、日本ではお目にかからないお肉でしょ。

フリンダーズ駅からトラムで直通、約15分。

詳しくは https://www.prahranmarket.com.au/


☆ QUEEN VICTORIA MARKET

市内に位置し、3大市場の中では最大級の規模でしょう。

6B6A6377-8627-459A-BC72-D582D1818F32.jpg ACE25729-A9F2-46F5-955E-A0D101DB6A3C.jpg

大きく分けると、野菜・雑貨、、鮮魚・精肉、、加工品と3つのゾーンに分かれます。
そしてフードコートが鮮魚・精肉の近くにある為、、新鮮な牡蠣や茹でエビを買って
陣取ったテーブルに集まる、、ご飯系もあるので自分流のランチとしても良いでしょう。

C81FB5E6-7AE1-433C-A2A2-7394FC4074DB.jpg 5F5D1224-09A7-410A-8038-209F636F3203.jpg

しかし、、ここのネックは観光客で溢れている事。
特に鮮魚・精肉、デリゾーンは観光客のマナーがあまりよろしくないので
ストレスはかなり大、、個人的にはこのエリアは遠慮したい。。

43D18F82-3FF7-42EA-82BA-51BEF4080101.jpg 5F1E6CF1-A7BB-4EE8-ADB4-241888C7CB69.jpg

いちご大福に使ういちごが欲しいな。。大粒だけと300円ならお得よね。。
何個入りかが気になりますが・・・でも日本には持ち込めないよ。。
ゴールドコーストで買ったスーツケース、、、スーツケースが売ってるとちょっと敏感に
なりますね、、A$167.00でこの大きさなら、、良かった。。


☆ SOUTH MELBRNE MARKET

サウスメルボルンに位置しており、、私はこのマーケットが一番好きかな?
観光客も少なめで、、施設の大きさも手ごろ、、お気に入りのパン屋も、、鮮魚店もある。
なので、ホテルはこのマーケットから徒歩圏というのが私のホテル選びの条件。

ECBAA68F-D4D8-47BA-8574-A9DC64135BD7.jpg 44FBEC76-2055-43FB-BDC2-D98DC785DF8B.jpg

牡蠣もこのマーケット内で食せ、、レモンや醤油、タバスコなどの調味料が数種類置いてある
ところにも好感度が上がる。。


☆☆ 補足 ☆☆

どのマーケットも週4程度の営業日であり土日はOPENしているが平日はお休み日が
あるので各マーケットをご確認ください。
私は日程を組むうえで先ずはサウスメルボルンの営業日を確認して、、逆算しながら
出発日や各都市の滞在日数を調節してメルボルンに入る事を優先しています。
それほど、、このメルボルンは私にとって大事な街でありホッとできる街でもある。

9A6CF309-C54F-4F1F-AEF2-AC88D470129B.jpg B59CBB20-93B1-4891-A6B6-B7B263DA7818.jpg

その国の市場へ出向くとその街の食文化が垣間見れます。
物価、地元ならではの食材、日本との比較、、そして美味しい物を買い食い。。
きっと楽しい時間が作れますので是非立ち寄って見てください。














posted by もちや at 07:00| 大阪 ☁| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

2019 オーストラリア周遊 【クロワッサン】

オーストラリアのメジャー都市制覇を目指して3年連続でオーストラリアを
周遊しています。今年は6名のメンバーと私のなんちゃってガイド兼ドライバーの
7名で冬になりつつあるオーストラリアを楽しみたいと思います。
今年の新都市はブリスベン、ゴールドコースト、そして一番興味があるオーストラリア
最東端のバイロンベイに加え、、やっぱり外せない魅力なメルボルン。。
航空会社はシンガポール航空なので最初にシンガポールへの立ち寄りも計画。
さて、どんな旅となる事やら。。

新たなお店の開拓、、それは楽しみな作業であり成功した時にはその街にまた愛着が
増える。。
大好きなメルボルンは、、そんな開拓しがいのある街であり、星の数ほどある地元に
根付いたカフェ店や、食が国際色豊かな特徴のあるレストランと、、食に趣を第一に
置く私にとっては大事な作業でもある。

今回は、、クロワッサンをテーマにお気に入りとなったお店と最初から通うお店を2軒
ご紹介致します。

☆ LUNE

クロワッサンの専門店。市内を始め3店舗あるが今回は市内の方にやって来ました。

2D3831AA-3398-4201-B35F-04306A443E18.jpg 02E34F3D-92D1-4513-BB28-804DDF9E5FAC.jpg

店前には長蛇の列、、お店に入るまでに約15分、、店内に入っても注文するまで列は続き
更に約5分。店内に入ると、、甘い香りに包まれます。。
ここは匂いからして美味しいのが分かります。

359DB291-A375-49BD-B0C9-D2B29D2AEE6B.jpg 2A6658CB-C3A2-4E0E-8B64-D15C840DF229.jpg

注文するカウンターに置かれているクロワッサン、、こういうスタイルも斬新だ!!

店内でコーヒーと一緒に食べる事は出来るが立ち席スタイル。。
日本なら立ち食いそば的な、、立ち食いクロワッサン。
ここで着席だと列はさらに長打となるので立ち席の方が回転がまだ幾分速いでしょう。

91251ACA-45FC-4C81-A0C6-47105597D7E3.jpg 48E7D21B-C9BA-41D6-BE22-D1372BF81C7A.jpg

店内でプレーンとアーモンドを頂き、、ホテルの部屋で食べる用にチョコとプレーンを
持ち帰りと致しました。

https://www.lunecroissanterie.com/

店内での清算はクレジットカードのみとなります。
閉店時間が早いのでご注意を。。


☆ Agathé Pâtisserie

サウスメルボルンマーケット内にあるパン屋さんで、、私はここのクロワッサンが大好き。
しかし、サウスメルボルンマーケットは週4の営業の為に、この曜日に合わせてメルボルンの
インを決めないといけない。

0156EA30-544E-469B-A203-E6D18F70DEC8.jpg

DACD95B9-6C48-41B6-83F9-A3AF16F37A8E.jpg 3750BEC8-02DE-4141-A87D-4FE74DA3F4E5.jpg

が、、ロイヤルアーケード内をブラブラしていたら同じ店名のパン屋さんを発見。。
話を聞くとサウスメルボルンマーケット内のパン屋さんと同じという。
で、こちらは毎日の営業。。
間口は2m程の普通に歩いていると見過ごしてしまう小さなお店だが、、そんな大小は
関係ない。。曜日を気にせずにここに来ればクロワッサンが買えるのはうれしい発見だ。

https://southmelbournemarket.com.au/

どちらのクロワッサンも超美味である。
両クロワッサンも持ち帰りをして部屋で頂いたがサクサク感としっとり感を併せ持つ
最強なる2大クロワッサンだと私は思う。

お値段は一つA$6.00位はするが、、それだけの価格を払ってでも食す価値は充分にある。

是非、メルボルンに行かれた際には立ち寄ってみて下さい。
























posted by もちや at 07:00| 大阪 ☀| Comment(0) | オーストラリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする